クリスマスの予定は?

写真拡大

 女優の広瀬アリスが14日、ブックファースト新宿店で写真集「born to be happy」発売記念握手会を行った。

 映画、ドラマ、舞台やCM、さらにはバラエティー番組、「with」のモデルなど幅広く活躍する広瀬にとって、5年9か月ぶりの写真集の発売を記念して行われた握手会。今回の写真集は沖縄編、東京編の2冊組で、沖縄編では束の間の休日に密着。沖縄の地でリラックスした自然体の姿のほか、シャワーシーンや海での水着姿も披露する。一方の東京編では、初夏・アジサイに囲まれた浴衣姿のほか、全身黒のマニッシュな衣装でモードな撮影にも挑戦。キュートさと大人っぽさを両立させたカットで、沖縄編とは違った魅力の1冊となっている。

 久々の写真集発売について「あまり久々に出した気はしないですが、写真集というのは恥ずかしいなと思いました」と照れくさそうに切り出した広瀬。本写真集は、12月11日、広瀬の誕生日に発売されたが、「今年25歳だからといって、頑張るぞという気持ちはなくて。四捨五入すると30歳なので、そこは気を引き締めてマイペースに頑張りたいなと思います」とコメント。

 妹で女優の広瀬すずからは、まだ誕生日の祝福の言葉をもらえていないとのこと。姉妹ともにに多忙を極める日々を送っているということもあり、「生活のリズムが全然合わないので、最近はあまり会えていなくて。(妹からは)年内におめでとうと言われるのを待とうかなと思います」と笑った。

 そんな彼女にとっての2019年は「本当にいろんな事があった1年だなと思いましたね」といい、「忙しかったけど、それ以上に楽しかった1年でした。いっぱい笑ったり、いっぱい悔しい思いもしたりもしたけど、そういう時間もいいなと思いました」としみじみ。

 特に三谷幸喜演出の舞台については「舞台の稽古の時があまりにも何もできなくて。稽古帰り、帰りの電車のホームで泣いていたこともありましたね。でもなかなかこの年になって、そういう経験ができることも少ないので、いい経験でしたね」と感じたそうで、「三谷さんとの出会いは私の中でも大きくて。またひとつ成長できたかなと思います」と晴れやかな顔を見せた。

 クリスマスの予定について質問がおよぶと、「クリスマスはしっかり仕事が入っています。ドラマの皆さんとクリスマスを過ごしたいなと思います」と笑顔。多忙を極める日々にも「来年も結局、仕事の1年ですかね。でも頑張らなきゃいけない時期というのは絶対にあると思うし、それが今なので頑張らないといけないなと思います」と前向き。報道陣から「彼氏とは会えていないんじゃないですか?」と問いかけられると大爆笑で、「ぶっこむなぁ。でもノーコメントでお願いします」と笑ってみせるひと幕もあった。(取材・文:壬生智裕)