世界で初めて出生率1.0以下に 韓国で少子化が加速している背景

ざっくり言うと

  • 韓国の統計庁によると、韓国の出生率が世界で初めて1.0を下回ったとのこと
  • 「出産と結婚をしないという傾向が加速度的に進行している」と庁長は語る
  • 80〜90年代にあった「男児至上主義」が現状の一因になっているとの見方も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x