ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 2歳女王を決するGI阪神ジュベナイルフィリーズは、「3強」と言われた面々とは少し差のある4番人気だったレシステンシアが、後続に5馬身差をつける逃げ切り勝ちを収めました。

 数字的には確かにハイペースで、もし負けていたら「暴走」と言われていたかもしれません。しかし、内目の、速い時計が出る綺麗な馬場をうまく生かしての完勝。何より、強気に運んでレースの主導権を握ったことで、他の馬に仕掛ける機会を与えなかったことがよかったですね。馬の力と、今年GI3勝目を挙げた北村友一騎手の思い切りの良さがかみ合った、見事な勝利だったと思います。

 ただ、レコードを更新することになったこの勝利は、レシステンシアにとって、100%以上の力を出し切っての結果かもしれません。ペースは違いますが、その結果を見て脳裏に浮かんだのは、レッツゴードンキが圧勝した時の桜花賞(2015年)です。

 牝馬限定の同世代のレースでは、主導権を奪った馬がスイスイと走り切ってしまい、本当の実力以上の差をつけて、圧勝してしまうことが時にあります。桜花賞で4馬身差をつけて勝利したレッツゴードンキはまさにそのいい例で、その後は長い間勝利を挙げることができませんでした。

 同様に、レシステンシアについても、他馬を圧倒した今回の阪神JFの結果だけでは、「(この世代で)力が抜けている」とは、決めつけられないな、と個人的には思っています。

 さて、阪神JFに続いて、今週は牡馬の2歳チャンピオンを決めるGI朝日杯フューチュリティS(12月15日/阪神・芝1600m)が行なわれます。

 戦前の予想では、阪神JFと同じく「3強」といった雰囲気があるようですが、リアアメリアが断然の人気だった阪神JFとは違って、朝日杯FSでは、サリオス(牡2歳)、タイセイビジョン(牡2歳)、レッドベルジュール(牡2歳)の3頭が、人気面でもそれほど差のない「3強」を形成するのではないでしょうか。

 サリオスはGIIIサウジアラビアロイヤルC(10月5日/東京・芝1600m)、タイセイビジョンはGII京王杯2歳S(11月2日/東京・芝1400m)、レッドベルジュールはGIIデイリー杯2歳S(11月9日/京都・芝1600m)と、3頭とも朝日杯FSの前哨戦とも言える重賞で強い勝ち方をしてきました。能力的には、他の13頭とは一枚も二枚も抜けている印象があり、おそらくこの3頭の中から勝ち馬が出ると思います。

 なかでも、期待しているのは、「3強」の中で唯一の関東馬であるサリオスです。

 なにしろ、2歳馬にとっては総合力が求められる過酷なコース、東京のマイル戦が舞台となる前走のサウジアラビアロイヤルCをレコード勝ち。それも、好位につけて、メンバー最速タイの上がりをマークしてのものでした。最後の直線では、外からクラヴァシュドールが並んでくると、そこから仕掛けて突き放す、という芸当を披露。その勝ちっぷりは、文句のつけようがありません。

 サリオスが、今回のメンバーはおろか、今年の2歳牡馬全体の中でも、最上級の能力を秘めていることは、まず間違いないと思います。さらに、ポジションを取れて、速い時計でも走れるというのは、阪神JFの結果を踏まえても、有利なポイントと言えるでしょう。

 今回の鞍上は、堀宣行厩舎所属馬にとって、切り札的な存在となるライアン・ムーア騎手。サリオスのような大型馬とは絶対に手が合うはずですし、2週前の追い切りに騎乗した段階で「息遣いも、動きも問題ない」と、いい感触をつかんでいたそうです。しっかりと勝ちにいく競馬をしてくれると思います。

 タイセイビジョンとレッドベルジュールも、当然勝ち負けになる馬だと思っていますが、現時点では、タイセイビジョンが2番手、少し危ういところがあるレッドベルジュールが3番手、というのが個人的な見立てです。

 タイセイビジョンは、マイル戦の経験がない点が心配ではありますが、京王杯2歳Sでは、外から回していって、スローで逃げていたビアンフェ(牡2歳)を軽々と差し切りました。こういった競馬ができる馬は、距離が延びても難なく対応できるはず。2走前のGIII函館2歳S(2着。7月21日/函館・芝1200m)は、明らかに距離が短かった分の負けでしたしね。

 レッドベルジュールについては、デイリー杯2歳Sのレース自体は強い内容でしたが、前半にポジションを取ろうとしなかったのが気になりました。

 結果的には、最内をロスなく、落ち着いて回ることができて、勝負どころから直線にかけても、内ラチ沿いがポッカリと空いて、控えていたことが大正解というレースになりましたが、今回は16頭立てのGI戦。デイリー杯2歳Sのように、前半をフワッと乗っていては、時計が速い今の阪神の馬場を鑑みても、厳しいレースを強いられるのではないでしょうか。

 直線で大外を回しては届かないでしょうし、だからといって、デイリー杯2歳Sと同じく、内が簡単に開くかとは思えません。今回、クリストフ・スミヨン騎手に乗り替わるのはプラス材料ですが、「3強」の中ではちょっと分が悪いのではないか、と考えています。

 現状、「3強」の中ではサリオスが最右翼と見ていますが、3頭ともGIを勝つにふさわしい力を秘めていることは確かです。直前の気配、馬場傾向の変化なども鑑みて、最終的な結論を出したいと思っています。

 さて、馬券的な妙味を考えれば、「3強」の一角崩しを狙える馬を探すことが大事になります。しかし、今回の「ヒモ穴馬」には、そうした評価にも挙がってこないような、おそらく世間的にはノーマークであろう馬を取り上げたいと思います。


「大穴」プリンスリターンが朝日杯FSで高配当を演出するか

 プリンスリターン(牡2歳)です。

 オープン特別のききょうS(9月21日/阪神・芝1400m)を勝っている立派な2勝馬で、函館2歳Sでは、ビアンフェ、タイセイビジョンに次ぐ3着でした。能力的には、決して大きな差はないと思っています。

 それでも、世間的な評価が低いのは、マイル戦が未経験、休み明けなど、いろいろと理由は挙げられます。そのなかでも、最も大きな理由は、おそらくGI初挑戦の原田和真騎手が鞍上を務めるからではないでしょうか。

 確かに、騎乗技術や実績に関しては、世界レベルの名手たちには遠く及びませんが、函館のデビュー戦から一貫して、プリンスリターンの手綱をとってきたのは、原田騎手です。この中間も付きっ切りで調教に乗っています。

 ゆえに今回は、ずっとコンビを組み続けてきた人馬の経験値と信頼関係によって、世界の名手らとの差も少しは埋まるのではないかと期待しています。

 プリンスリターンは、1200mや1400m戦で楽に先行できる馬なので、出遅れがなければ、今回もいいポジションを取れるはず。つまり、阪神JFと同じように、先に抜け出した馬が止まらない流れになれば、展開的にも向くと踏んでいます。有力馬が馬群の外で伸びあぐねている間に、最後まで粘り切ってしまう可能性は十分にあると思います。

 キャリア8年目の原田騎手。今年は平地で3勝、通算戦績は障害レースを合わせても、通算50勝にも届かない騎手ですから、初のGIで勝利を望むのは無謀でしょう。

 ともあれ、彼にとっては、ここでの経験が今後の競馬人生において、大きな財産になることは間違いありません。デビューからコンビを組み続けてきた馬でGIに挑戦できることの幸せを噛みしめて、ぜひとも全力を尽くしてほしいと思います。 それができれば、馬場や展開の後押しは必ずあると踏んでいるので、1つでも上、あわよくば連絡みのシーンまで、私は期待しています。