男子代表を率いる森保監督(左)と女子代表を指揮する高倉監督(右)。史上初の”アベック優勝”を果たせるか。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 韓国で開かれているE-1選手権。第2戦が行われる12月14日、SAMURAI BLUEこと男子の日本代表は香港代表と、なでしこジャパンこと女子の日本代表は中国代表と対戦する。

 どちらも会場は釜山九徳スタジアム。15:55にキックオフするなでしこジャパンの試合の後、19:30から男子のゲームが開始される。

 第1戦では、男子が中国を2−1で下せば、女子は台湾に9−0と大勝し、いずれも勝点3を掴んでいる。

 男子代表を率いる森保一監督は前日の練習後、「なでしこは完勝で第1戦を終えて、第2戦に向かう。なでしこもサムライブルーも第2戦でお互い勝利できるように、ともに頑張っていければと思います」と女子代表にエールを送った。
 
 2003年に始まり、2年おきに開催されているE-1選手権では、「東アジアカップ」と呼ばれていた2015年大会までを含めても、男子と女子の同時優勝はどの国も一度も果たしていない。日本代表も、女子が優勝した2008年大会、2010年大会は、男子がいずれも2位止まり。一方で男子が優勝した2013年大会は、女子が2位に終わっている。

 日本代表は史上初の“アベック優勝”を果たせるか。男子も女子も最後の3戦目は韓国戦。良い流れでに最終戦につなげるために両チームとも、この第2戦では是が非でも勝利が欲しい。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

【代表PHOTO】脱"暗闇"トレーニング!ダッシュ対決の小川vs相馬、見事勝利しドヤ顔を見せたのは・・・!?