日本代表DF渡辺剛(FC東京)

写真拡大

 A代表デビューは目前だ。3バックの右ストッパーで先発することが濃厚となった日本代表DF渡辺剛は13日の練習後、「A代表ということで責任だったり、今まで以上のプレッシャーはあると思うけど、あまり考えすぎずに自分のペースでやれれば」と落ち着いた様子で意気込みを示した。

 今季、中央大からFC東京に加入。大卒1年目にして優勝争いを繰り広げたチームの主力センターバックを担った。「ストロングポイントのカバーリングやヘディングを出せるタイミングがあれば出したいし、そういう部分で負けちゃいけない」。Jリーグで見せている強みをA代表の舞台でも発揮する構えだ。

 プロでの公式戦初出場となった3月6日のルヴァン杯グループリーグ第1節では、右コーナーキックにヘディングで合わせてプロ初ゴールを記録。「セットプレーからの得点は自分もほしいところだし、チームとしていい流れになるためには得点が早めに必要だと思うので自分から決められれば良い」。縁起の良い初陣で華々しいデビュー弾の再現を目論む。

 所属先のFC東京では4バックのシステムが採用されており、3バックは「まだわからない部分はあると思うけど、手探りしながら自分の中で徐々に改善しながらやりたい」と控えめ。それでも攻守の持ち味を発揮すべく、「良い守備から良い攻撃につなげられればおのずといい攻撃になる」と自身の役割を見据えた。

(取材・文 竹内達也)