国内景気に「黄信号」灯る 個人消費の落ち込みが大きな懸念材料に

ざっくり言うと

  • 12月の日銀短観では企業の景況感が悪化し、国内景気に「黄信号」が灯った
  • 消費増税や台風19号で落ち込んだ個人消費は今後、減速に拍車がかかる恐れも
  • 東京五輪を控え、景気浮揚のきっかけを見いだしにくい状況となっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x