「不動の司令塔」として攻守に貢献した(時事通信フォト)

写真拡大

 12月11日、東京・丸の内。5万人が詰めかけたラグビーワールドカップ日本代表の祝賀パレードでは、日本中を熱狂の渦に巻き込んだ桜の戦士たちが練り歩いた。沿道からひときわ大きな声援が送られたのは、スタンドオフの田村優選手(30)だ。W杯で10番を背負った田村選手は全試合に先発出場しチーム最多の51得点を記録。不動の司令塔としてチームを牽引した。

 そんな田村選手を陰から支えてきたのが、自身のルーツの一つである沖縄だ。母親が沖縄生まれの田村選手は、幼い頃からしばしば沖縄を訪れていたという。

「ワールドカップのベスト8で敗戦したのち、『もう終わっちゃった。コテンパンにやられたよ』と電話があって、最近も沖縄に来ていましたよ。ちょっとケガしていたのが心配だったけど、本人は『大丈夫』と言っていました」

 そう語るのは、田村選手の母方の祖父である高江洲歳満さん。検事を務めた後に弁護士に転身した高江洲さんは、85歳の現在も沖縄県浦添市で弁護士として活動している。

「優は小さい頃から学校が休みになるとこっちに来て、よくビーチなどに行っていました。気が強い子で、私とよく口喧嘩していました(笑い)。私が弁護士になってからは米軍や大使館関係の仕事もしていたので、通常はパスがないと入れない米軍基地の中にも連れて行っていました。内地と違う雰囲気で異国的な感覚があったから、沖縄に興味を持ったのかもしれません」(高江洲さん)

 体をぶつけ合うラグビーの試合で常に表情を変えずプレーし、クールな印象がある田村選手だが、プライベートでは名前の通り祖父母思いの「優しい」孫だ。

「先日の敬老の日にはゴルフボールをもらったし、社会人になった時は、初月給で銀製のワイングラスをプレゼントしてくれました。『クリスタルでもよかったのに』と言ったら、『このほうが長持ちするから』って。月給をもらうようになってからは、僕だけじゃなくておばあちゃんにもいろいろなものを買ってきてくれます」(高江洲さん)

 祖母の静枝さんはラグビーをよく知らず、田村選手に「(相手に)ぶつかりなさんなよ」と声をかけると報じられた。その真偽を高江洲さんに尋ねると、愉快そうにこう応えた。

「アハハハハ、そうかもしれませんね。おばあちゃんは『けがをしたら大変だ』と怖がって、しっかり試合を見ることができないんです。優はおばあちゃんにもとても優しく、おばあちゃんがステーキを食べるときはわざわざ肉を切ってあげるんです」(高江洲さん)

 孫の活躍を沖縄から見守る祖父は「よき相談相手」として田村選手の人生に指針を与え続けている。

「昔はよく口喧嘩をしましたが、社会に出てからはいろいろなことを相談してきます。お父さんやお母さんに相談できないことでも、私になら相談しやすいんでしょうね。所属チームをやめて新しいチームに移る時や、プロになる時などは相当悩んでいましたが、そうした時でも相談がありました。何か決断する時には必ず電話してきます」

 そう語る高江洲さんが唯一注文を付けるのは、楕円球を持たない時もフィールドで見せるような「ひらめき」で行動する点だ。

「何をするにも突然なんです。東京から電話してきて『明日行くからね。おじいちゃん』ということがよくあります。沖縄に来るときはほとんど直前に連絡がある。この間、那覇の球場で侍ジャパンの始球式をした時も、当日になって『おじいちゃんとおばあちゃん来てくれ。切符取ってあるから』って。前もって言ってくれればいいのに(笑い)」(高江洲さん)

 沖縄にルーツがあることを思わせる彫りの深い顔立ちで、ラグビー界屈指のイケメンとしても知られる田村選手。その将来に祖父がエールを送る。

「孫の活躍はとても嬉しいです。以前は『この僕の孫』だったのが、最近は逆転して『あの孫のおじいちゃん』になった。『孫の七光り』です(笑い)。あとはぼちぼち身を固めないとね。『もうぼちぼち結婚せんとお前、60歳過ぎまで子供の学費を払うことになりかねんぞ』と言ったこともあるけど、優は何も言わず笑っていました。まあ元気で体を壊さないようにして、いつかいい家庭を築いてもらえればと思います。本人もある程度年齢がいったら、沖縄で暮らしたいという気持ちもあるみたいです」

 電話取材の最後、孫思いの高江洲さんは筆者にこう伝えて受話器を置いた。

「みなさんもどうか、ひとつ温かい目で見てやってください。よろしくお願いします」

●取材・文/池田道大(フリーライター)