(※画像:宮川大輔Instagramより)

 今年の芸能界は怒涛の結婚ラッシュ。毎月のように誰かしらが結婚報告をしています。将来の伴侶にどんな相手を選ぶかは当人たちの意思なので周りがどうこう言うべきではありませんが、それでも「美男美女」「やっぱり社長を選んだか」ならまだしも、発表後すぐに浮気相手の女性が週刊誌にタレこむなど、良くも悪くも話題になります。

 そこで今回は今年ゴールインした女性芸能人を対象に、「結婚で株を上げた人・下げた人」を調査。30〜40代女性200人にアンケートを取りました(※)。まずは株が上がった芸能人から見ていきましょう。

========
結婚で株を上げたと思う女性芸能人は誰ですか。(アンケートは複数回答、以下カッコ内は結婚相手)

10位 ベッキー(巨人・片岡治大コーチ) 7.5%
9位 菊池桃子(新原浩朗経済産業政策局長) 8%
8位 滝川クリステル(小泉進次郎環境相) 9%
7位 柳原可奈子(一般男性) 9.5%
6位 多部未華子(写真家・熊田貴樹氏) 10.5%
5位 水川あさみ(窪田正孝) 11%
4位 「メイプル超合金」安藤なつ(介護職の一般男性) 13.5%

========

 2月に自身のSNSで結婚を報告したベッキーが10位。お相手は巨人の2軍を担当している片岡治大コーチです。

 2016年1月にバンド「ゲスの極み乙女。」川谷絵音との不倫を報じられて以来、未だに以前ほどの好感度までは上がりませんが、今回のアンケートではトップ10入りしました。11月には第一子妊娠を発表しており、ママタレとして再起する可能性もあります。

 8位は、8月に小泉進次郎環境相との電撃婚&妊娠を発表した滝川クリステル。首相官邸でそろって会見をする姿はまさにお似合いで、美男美女のカップルに世間も祝福ムードでした。その後、小泉環境相は「セクシー発言」や「ポエム回答」で国民をビックリさせましたが、こんな時こそ政治家の妻らしく滝川の内助の功が必要なのかもしれません。

 祝福の声が相次いだのが6位多部未華子。3年前に撮影現場で出会った写真家・熊田貴樹氏との結婚を10月1日に事務所を通して発表しました。同時期には主演ドラマ『これで経費は落ちません!』(NHK総合)で好演。女優として着実にキャリアを重ねている多部から目が離せません。

 5位は水川あさみ。多部の報道の10日前、俳優の窪田正孝と結婚したことを発表しました。窪田といえば多部の“元彼”として認知されているため、世間がちょっとザワついたのも“今年の名場面”の一つでしたね。ランキングが1つしか違わないのも何かの因縁でしょうか。

「令和の奇跡」と呼ばれたのが4位安藤なつの結婚です。6歳下の介護職男性といい夫婦の日(11月22日)に結婚。3カ月でのスピード婚でしたが、「無言でも過ごせる」と相性は抜群です。「世の中の刺激になる。大金星! 誰よりもみんなに勇気を与えた」とカンニング竹山が絶賛したとおり、女性支持を得ています。

◆3位 壇蜜(漫画家・清野とおる氏) 20.5%

 壇蜜がいい夫婦の日に、『東京都北区赤羽』で有名な漫画家、清野とおる氏と結婚しました。プロポーズはスーパーの自転車置き場。「2人でいるだけでお互いの物販が売れる家庭を」と会見でジョークを飛ばす壇は、とても幸せそうでした。

 清野氏は「こんなマイナーカルト漫画家と壇蜜さんが入籍とか意味がわからないですよね」とツイートしていますが、友人の博多大吉が「一般男性部門でぶっちぎりで優勝」と言うほど人柄の良さは折り紙付きです。そんな男性を選んだ壇には「さすが見る目がある」「意外と赤羽が合う」と好意的な意見が寄せられています。◆2位 イモトアヤコ(番組ディレクター) 42.5%