日本マイクロソフトは12月12日、「Azure Red Hat OpenShift」の日本における一般提供を12月中に開始することを発表した。Microsoft Azure 東日本リージョンより提供される。

「Azure Red Hat OpenShift」のWebページ

「Azure Red Hat OpenShift」は、Microsoft Azure上で、Kubernetesによりコンテナ・アプリケーションの開発、ホスティング、スケーリング、提供を支援するプラットフォーム「Red Hat OpenShift Container Platform」をマネージドサービスで、Red Hatとマイクロソフトが共同で開発した。

「Azure Red Hat OpenShift」は両社が共同で管理するマスター、インフラストラクチャ、アプリケーションノードを備えた完全に管理されたクラスタで、動作するVirtual Machineのパッチも不要。

また、オンプレミス環境とAzure の間で自由にアプリケーションを動かすことを可能にし、ハイブリッドクラウドで一貫性のあるコンテナプラットフォームを提供する。

そのほか、AzureとオンプレミスのOpenShiftクラスタの間をハイブリッドネットワーキングで高速にコネクトできる。

両社は、「Azure Red Hat OpenShift」の導入を促進するため、パートナー企業向けの技術支援、ハンズオントレーニングプログラムを無償で提供する。