©テレビ朝日

写真拡大 (全5枚)

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる、反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。

©テレビ朝日

12月9日(月)放送の同番組には、NHK Eテレの工作番組『つくってあそぼ』で活躍したワクワクさんが登場。“Eテレと民放の違いについていけずにバラエティー出演NGにしちゃったビクビクさん先生”として授業を行った。

◆民放バラエティーが怖すぎて…

ワクワクさんは1990年〜2013年の23年間にわたってEテレの子ども向け工作番組『つくってあそぼ』に出演。番組終了後は数々のバラエティー番組に進出し、現在は各地で工作イベントを開催するほか、YouTuberとしても活躍している。

しかし、ワクワクさんは2016年以降、ほとんどバラエティー番組に出演していないことを告白。実は、自らバラエティー番組への出演にNGを出していたのだと打ち明けた。

Eテレと民放の違いについていくことができずバラエティーが怖くなってしまい、“ビクビクさん”になっていたと激白するワクワクさん。

今回、進学や転職など新天地で頑張る人々のため、そして自分のようにNHKの教育番組から民放に進出する後進のタレントたちのために、自身のしくじりを語ることを決意。実体験をもとに、民放のバラエティー番組の現場で直面した恐怖をテレビ初告白していった。

◆台本、スケジュール、スタッフ…Eテレと違いすぎて大混乱!

©テレビ朝日

ワクワクさんがビクビクさんになった理由は「Eテレと民放の現場では、番組の作り方がまったく違った」から。

Eテレでワクワクさんは、15分の放送のために打合せから本番まで3日かけて入念な準備を行う番組制作を、23年のあいだ続けてきたそう。

一方、民放のバラエティー番組では本番10分前に簡単な打ち合わせがあるだけで、しかも台本には「よきところで」、「ここで一言」など、ワクワクさんにとってはざっくりし過ぎた指示ばかりだったため、「言葉の意味すらわからなかった!」と告白。

しかしワクワクさん自身もEテレで23年の経験があるから大丈夫だろうと高をくくり、民放バラエティー番組の下調べをしていなかったことを反省。その体験から「新天地にノリだけで飛び込んではいけない、絶対に下調べをしましょう」という教訓を述べた。

◆民放バラエティーのストレス…?ワクワクさんが“ドクドクさん”に

©テレビ朝日

さらにワクワクさんは、民放のバラエティーで最も恐ろしいと感じた“ディレクター”たちについても解説。

異様にノリがラフだったり、個性的なファッションをしていたり、そんなディレクターたちに「本番はいい感じでお願いしま〜す」と言われても「いい感じって、どんな感じ?」と困ってしまったという。

これまでのうっぷんを晴らすかのように民放ディレクター特有のクセを次々と語るワクワクさんに対し、オードリー若林は「今日でバラエティー出演、終わってもいいと思ってる」と大笑いでツッコミ。

澤部らほかの生徒たちも、ワクワクさんが“ドクドク(毒々)さん化”したことに衝撃を受けながらも、授業を楽しんでいた。

◆「どこかに自分が輝ける場所が必ずある」

©テレビ朝日

最後は、これから新天地に向かう人々に向けてメッセージを披露。さらに自身のしくじりから得た“人生の教訓”を工作で表現するという試みにも挑戦した。

ワクワクさんが作ったのは「紙コップUFO」。紙コップと割りばしだけで、見事に宙を飛ぶ楽しい工作を手際よく仕上げてみせた。しかし、なぜ「紙コップUFO」だったのか? 実はそこには深い意図があった。

使い終われば、つぶしたり、折ったりして捨ててしまう紙コップや割りばしだが、そんな物でも「まだまだ働ける!」。「見方によってはまだまだ使えるのは人も同じ」だとワクワクさんは力説した。

しくじりから学びを得たことで、やはり自分にはワクワクさんしかないと考え直し、現在の活動をしているワクワクさん。「どこかに自分が輝ける場所が必ずあるはず」だと訴え、今回の授業は幕を閉じた。