俳優で料理好きでも知られた梅宮辰夫さんが亡くなった。きょう12日(2019年12月)未明に容体が悪化し、神奈川県内の病院で手当てを受けたが、午前7時40分に亡くなった。死因は慢性腎不全。81歳だった。

「モーニングショー」は、亡くなった30分後という異例の早さで伝えた。梅宮さんは、今年1月に尿管がん、昨年9月に前立腺がんの手術を受け、療養中だった。長女のアンナさんによると、2016年に十二指腸乳頭がんなど6度のがんを経験したという。

東映やくざ映画で独特の存在感。テレビでは料理好きのおじさん

梅宮さんは東映のニューフェース5期生(1958年)で、「不良番長シリーズ」「仁義なき戦いシリーズ」などで独特の存在感を見せた。テレビのドラマやバラエティーでも活躍し、とくに料理や味にうるさいタレントとしても人気だった。

高木美保(タレント)「闘病中に一度お会いしたことがあります。『しんどい』と言いながらも、(カメラが回ると)揺るがないというか・・・」

玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「テレビドラマで、石坂浩二さんのお父さん役で出てましたね。顔色は悪かったですけど・・・。頑張ったなあという感じです」

司会の羽鳥慎一「きのうまで普通にしていて、けさ急に体調が変わったということです」

高木「アンナさんが駆けつけて・・・。本当に娘さんを可愛がっていましたからね」

玉川「何度も立ち直って、直前まで仕事を続けられた。いい人生だったのかなと思います」

葬儀は近親者のみで行うとのこと。