嵐・櫻井翔がアンガーマネジメント大賞に選ばれた出来事とは?

写真拡大

 最も怒りの感情を上手にコントロールした有名人、コントロールできずに失敗した有名人を選ぶ「第5回アンガーマネジメント大賞2019」が11日、発表された。

・今すぐ読みたい→
「嵐」のしゃべリングポジションが素晴らしい!その理由とは?!(https://cocokara-next.com/lifestyle/arashi-talk-position/)

「アンガーマネジメント」とは


 「アンガーマネジメント」とは、怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニングのこと。普及を目的とした日本アンガーマネジメント協会が1年を振り返るアンケート企画を毎年行っている。協会員363人、公認講師252人を対象にした投票結果で、怒りの感情を上手にコントロールした有名人の第1位選ばれたのは、嵐の櫻井翔(37)だった。

 1月、嵐が2020年いっぱいで活動休止することを発表した会見で、「無責任という指摘もあると思うが」という質問に対して、櫻井が「2年近くかけて感謝の思いを伝えていく期間を設定した。これは我々の誠意です。それが届くようにこれからもたくさんの言葉をお伝えし、たくさんのパフォーマンスを見てもらい、その姿勢と行動をもってそれが無責任かどうか判断いただけたらと思っています」と記者の「あおり」にイラつくことなく、冷静に対応したことが評価された。

 2位は僅差で、お笑い芸人の「山ちゃん」こと南海キャンディーズ・山里亮太(42)だった。6月に女優・蒼井優(34)と結婚会見を開いた際、記者から「魔性の女」質問が出たことに対して「一切心配していない。皆さんが知っている蒼井さんとは、違う蒼井さんを見せていただいている。楽しいもので笑って、おいしいものを食べて。『魔性』って使っているけど、そんな人間じゃないって知っている」と冷静に答え、パートナーを守り、その場を収束させたことに称賛が集まった。

怒りの感情をコントロールできずに失敗した有名人は・・・

 逆に、怒りの感情をコントロールできずに失敗した有名人1位はタレント木下優樹菜(32)。「タピオカ店どう喝DM騒動」で世間の批判を浴び、芸能活動の自粛に追い込まれた。今年1番怒りを感じたニュース・出来事の1位は「神戸の教員間いじめ問題」だった。ランキング詳細は以下の通り。

「アンガーマネジメント大賞2019」(敬称略)

◆上手に怒りの感情をコントロール・対応したと思う有名人
1位 櫻井翔(アイドル)…65人
2位 南海キャンディーズ・山里亮太(お笑い芸人)…53人
3位 大坂なおみ(女子テニス)…40人
4位 渋野日向子(女子ゴルフ)…39人
5位 磯野貴理子(タレント)…28人

◆怒りの感情をコントロールできずに、失敗してしまったと思う有名人
1位 木下優樹菜(タレント)…97人
2位 貴ノ富士(大相撲)…87人
3位 加藤浩次(お笑い芸人)…29人
4位 AAA浦田直也(歌手)…17人
5位 DeNAパットン(プロ野球投手)…11人

◆今年1番怒りを感じたニュース・出来事
1位 神戸の教員間いじめ問題…72人
2位 京都アニメーション放火事件…69人
3位 目黒女児虐待事件…68人
4位 あおり運転…17人
5位 東池袋自動車暴走死傷事故…16人

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
「嵐」のしゃべリングポジションが素晴らしい!その理由とは?!(https://cocokara-next.com/lifestyle/arashi-talk-position/)