練習前、森保一監督とマンツーマンで話すMF井手口陽介(G大阪)

写真拡大

 日本代表MF井手口陽介(G大阪)にとって、今回は2度目のE-1選手権。「このチームでは(年が)下のほうじゃないので、責任を持ったプレーをしないといけない」。1学年下からが対象となる東京五輪世代が半数以上を占める中、23歳は新たな使命を持って大会に臨んでいるようだ。

 2年前に行われた前回のE-1選手権では、最終戦で韓国に1-4の完敗。その試合で先発していた井手口は「何もできなかった」と振り返る。その後、監督交代や負傷の影響もあり、W杯の落選を経て代表から距離ができた。そうした迎えた10日の中国戦(○2-1)は、A代表での2年ぶりの先発だった。

 しかし、試合は不完全燃焼に終わった。「前半は全体的に受け身になってしまったところがあった」。そんな課題は徐々に修正されたものの、「中盤に数的優位ができると分かっていたので、もっと最初からコミュニケーションをとりながらボールを回せれば良かった」と連係面に悔いを残した。

 もっとも、森保一監督から指名されたというセットプレーのキッカーでは多くのチャンスを導き、チームメートのDF三浦弦太(G大阪)のゴールもアシストした。前日は練習場の光量が足りずにボールを使った準備ができていなかったが、「狙い目はあったので速いボールを蹴るだけ」という意識が実り、個人面でのアピールには成功した。

 ならば、あとは自身のプレーでチーム全体を引き上げていく構えだ。今後は中3日の準備期間があり、連係面の向上にも期待。井手口は「チームとしてももっとみんなの選手の良さを分かって、コミュニケーションが良くなってくると思う。相手どうこうより自分たちの良さをみんなで出し合いながらできれば」と力を込めた。

(取材・文 竹内達也)