【警告】日本=なし 台湾=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】岩渕真奈(日本)

写真拡大 (全3枚)

[E-1選手権2019/女子]日本9−0台湾/12月10日/釜山アジアドメインスタジアム

【日本代表・総評】
6.5
7分に先制点を奪うと、ほとんど相手に流れを明け渡さないまま、攻め続ける。計9ゴールと力の差を見せつけ快勝した。

【個人採点・寸評】
GK
1 池田咲紀子 6
ほとんど危険なシーンはなく、ボールタッチは足で数回あった程度。平穏な90分間を過ごした。
 
DF
4 三宅史織 6
71分には背後を取られるシーンもあったが、CBでコンビを組む南としきりにコミュニケーションを取りながら試合を進めた。

5 南 萌華 6.5
65分には相手のカウンターを素早いカバーリングで阻止。守備面だけでなくビルドアップも安定していた。

13 清家貴子 6
後方から持ち上がり、ゲームメイクもこなしたSB。66分のFKでは、中島のクロスに打点の高いヘディングで合わせてゴールを奪う。

19 遠藤 純 6(HT OUT)
左SBで起用されたウインガーは、機を見た攻め上がりが光る。持ち前の切れ味鋭いドリブルを披露し、サイド攻撃に厚みを加える。
MF
3 栗島朱里 6
35分のシュートチャンスは決めたかったものの、中盤後方に位置取り冷静にゲームを組み立てた点は好印象だった。

7 中島依美 6.5
初めは右サイドに位置取り、途中から左サイドに移動。どちらのサイドでも遜色なくプレーし、改めて技術の高さを証明した。

11 小林里歌子 6.5(62分OUT)
前半は左サイドハーフのポジションから多彩な動きで攻撃に関与。16分には岩渕の落としに反応すると、冷静にネットを揺らした。

20 松原有沙 6.5
中盤で積極的にボールを引き出しては、左右のサイドに展開し、攻撃のリズムを構築。44分には前線に飛び出しゴールも。
 
FW
MAN OF THE MATCH
8 岩渕真奈 7
7分にドリブルシュートで先制点を決めると、16分には鮮やかなヒールパスでアシスト。後半には痛烈なミドル弾と、巧みなテクニックで攻撃を牽引し続けた。

14 田中美南 6(HT OUT)
9分に相手DFふたりの間を力強く突破し、得点すると、38分には“コロコロPK”を落ち着いて決める。次戦に向けて勢いをつけた。
 
途中交代
MF
23 林穂之香 6(HT IN)
やや動き過ぎてスペースを空ける場面もあったが、主導権を握れる試合では、そのダイナミズムが有効に。広範囲で攻守に奔走した。

FW
12 池尻茉由 6.5(HT IN)
53分にエリア内でドリブルを仕掛けると、相手に倒されPKを獲得。これを自ら決めて代表初ゴールを奪打ち、さらに試合終盤にもボレーシュートで加点した。
 

FW
9 上野真実 6(62分IN)
フイにしてしまった78分の絶好機は、せめて枠に飛ばしたかった。もっともエリア内での身体の強さはチーム随一でポストワークで貢献。

監督
高倉麻子 6
前半のみで田中と遠藤を下げ、池尻と林を投入し、アピールの機会を与える。また選手交代をしながら、選手を様々なポジションで試し、意味のある“テストマッチ”に。

【PHOTO】日本 9-0 台湾| 終始圧倒のなでしこ、3度目Vへ白星発進!試合後の挨拶に中国人カメラマンも思わず「カワイイ…」!※MANOFTHEMATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。