A代表初ゴールを奪った鈴木。周囲とのコンビネーションに手応えも掴んだようだ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 A代表初ゴールは見事なコンビネーションプレーで生まれた。

 E-1選手権の初戦に臨んだ日本代表は12月10日、韓国の釜山九徳スタジアムで中国代表と対戦し、2-1の勝利を収めた。

 国際Aマッチデーの期間ではないため、国内組だけのメンバー構成で臨んだ今大会だが、その初戦、待望の先制弾を奪ったのは、規格外のスピードを持つ鈴木武蔵だった。

 29分、佐々木翔から上田綺世に縦パスが入ると、森島司が3人目の動きで呼応。上田のフリックしたボールを拾い抜け出した森島が中央へ正確なクロスを供給すると、これを「相手に走り勝つことだけを考えて」ニアサイドに飛び込んだ鈴木が、左足で押し込んだ。

「立ち上がりはけっこう相手のプレッシャーにハマってビルドアップで落ち着かなかったんですけど、途中からは得点するまでのリズムはすごいよかった」

 鈴木がそう語るように、序盤こそ流れに乗るまでに苦労した感もあったが、日本にペースが傾きかけた時間帯にしっかりと得点につなげた。
「準備期間はほぼゼロで今日の試合に臨んだし、そのなかで今日のコンビネーションができた部分はあったので、そこをもっと突き詰めていきたい」

 Jリーグ最終節直後に集合し、中2日で臨んだ中国戦だけに、今後さらなる上積みも期待できる。そして、鈴木にとっては、これがA代表6試合目にして奪った代表初ゴール。「結果を出せて良かったですが、まだまだ1点じゃ足りないし、残り2試合、取れるだけ取って、さらにアピールしていきたい」と意欲を語った鈴木。次の香港戦(14日)、あるいは韓国戦(18日)でもこの男のスピードを活かしたプレーに注目が集まりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部