【警告】日本=三浦(23分) 中国=メイ・ファン(27分)、ジャン・ジーポン(31分)、ミン・ティアン(45分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】森島 司(日本)

写真拡大 (全3枚)

[E-1選手権2019]日本2−1中国/12月10日/釜山九徳スタジアム

【日本代表・総評】
6.5
落ち着く時間帯がなかった分、テンポの良いパスワークを度々展開。割とスムーズに先制点を奪うと、その後はリスクをかけないように試合を運び、後半にはCKから加点。最後の最後に失点したのは余計だったが、見事に勝ち切った。

【個人採点・寸評】
GK
1 中村航輔 6
ロングスローで何度かピンチを迎え、最終盤にはボールに触りながらも悔しい失点。ただボールがピッチ外に出てゲームが止まるたびに、味方に声をかけて鼓舞したのは好印象だった。
 
DF
4 畠中槙之輔 6
17分のCKで巡ってきたビッグチャンスは惜しくもポストに当てた一方で、ロングボールをことごとく撥ね返し続けた。しかし……完封にはできなかった。

5 三浦弦太 6
長身のドン・シュエシェンにやや苦戦し、セットプレーで競り負けるシーンも目立った。70分のCKではヘディング弾もお見舞いした点は称賛に値。

17 佐々木翔 6
チーム唯一の80年代生まれはこの日、キャプテンマークを巻いて出場。前半には自陣ゴール前でボールを奪われるミスも、それ以外のシーンは安心して見ていられた。
MF
7 遠藤渓太 6.5
立ち上がりから積極的に縦に仕掛けてクロスを供給。森島との連係も素晴らしく、何度も決定機の起点になっていた。79分にはカットインからのシュートも。

8 井手口陽介 6
精力的にプレスに動く橋本とは対照的に、チームのバランスに気を掛けながら、中盤のスペースを埋めた。目立たないながらも要所で効率的に働いた。

18 橋本拳人 7
近くの相手にボールが入る瞬間に、一気に距離を詰めて、激しくボール奪取を狙った。ピンチを未然に防ぐうえで、かなり頼もしかった。

22 橋岡大樹 5.5(84分OUT)
小刻みにパスを回す展開では、なかなか持ち前のダイナミズムを発揮できなかった印象。サイドに張ってもボールが入って来ず、存在感は希薄だった。
MF
9 鈴木武蔵 6(72分OUT)
ボールが入っても、なかなか足もとに収まらず、攻撃のリズムを停滞させる場面も少なくなかったが、一瞬の飛び出しはさすが。29分に森島のクロスに合わせて先制点を奪う。

MAN OF THE MATCH
14 森島 司 7
左サイドの遠藤と佐々木との流れるようなコンビネーションで、ビッグチャンスを演出。鈴木へのアシストも見事だった。相手にとっては、かなり厄介な存在だったに違いない。

FW
13 上田綺世 6
動き出しが少なく、試合中には森保監督から「もう1回動き出して!」との指示も。ただポストワークはまずまず。厳しい当たりを受けながらも懸命に身体を張った。
交代出場
FW
11 田川亨介 5.5(72分IN)
ピッチに入るとフルスロットルで献身的に攻守に奔走し、勝利に貢献。ただシュートチャンスは訪れなかったのは残念だった。。

MF
16 相馬勇紀 ー(84分IN)
交代直後にボールを受けると、機を見た縦パスでチャンスを創出。見せ場は少なかったが、攻撃のリズムを変えた。
 
監督
森保 一 6.5
細かい戦術練習をする時間は限られていたものの、それなりにチームを機能させた点は高く評価できる。先発に抜擢した森島がハイパフォーマンスを見せたのも好材料だ。

※MANOFTHEMATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【代表PHOTO】鈴木武蔵の代表初ゴールで先制、三浦の追加点で初戦白星スタート!