三浦の代表初ゴールで日本が2−0とリードを広げた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 E-1選手権の日本代表対中国代表が12月10日、韓国の釜山九徳スタジアムで19時30分のキックオフで行なわれ、日本が鈴木武蔵、三浦弦太のいずれも代表初ゴールで2対0とリードしている。

 日本はスタメンに上田綺世、鈴木武蔵、森島司らを前線に起用し、今季のJリーグMVPを獲得した仲川輝人はベンチスタートとなった。

 序盤は中盤でのせめぎ合いが続いたものの、15分過ぎから日本も左サイドからチャンスを創出。遠藤渓太の仕掛けなどを突破口にゴールに迫る。そして日本は25分、左サイドを打開し、森島からのグラウンダーのパスを鈴木が右足で押し込み、ついに先制点を奪った。日本が鈴木の代表初ゴールで1点のリードを奪った。

 前半を1点リードで折り返した日本だが、後半は立ち上がりに中国が攻勢を仕掛ける。53分には左サイドからの展開でペナルティエリア内に侵入されると、ミン・ティアンに強烈なシュートを見舞われるが、これはクロスバーを直撃。なんとかピンチを逃れた。

 すると、徐々にペースを取り戻した日本は70分、CKから三浦弦太がヘディングで合わせ、ネットを揺らす。日本がこれも三浦の代表初ゴールとなる得点で、2-0とリードを広げた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部