国内組で構成された森保ジャパン。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 日本代表は12月10日、韓国で開催されている3年ぶりのタイトル奪取を狙うE-1選手権の初戦で中国代表と対戦。今回の大会は国際Aマッチデーでの開催ではないため、シーズンを終えたJリーグの国内組のみが招集された。

 これまでにないフレッシュな面々の日本代表。国内で見守るファンからは、試合前から期待の声が多く寄せられた。

「新しい景色を見せてくれ。頑張れ日本」
「Jリーグパワーを見せてくれ!」
「この大会、このメンバーで優勝出来ると面白いよ」
「日本がんばれー!!!中村、怪我だけはせんで!!」
「今日の日本の8番の中田英寿こと井手口陽介にはすごい期待している。 ロシアワールドカップ前の井手口を見せてくれ!」
「メンバー構成上しゃあないけど、ボール落ち着かんねー」
「中国だいぶ組織的に攻撃してる感があるけど、これは中国が強いのか日本が弱いのか」
「惜しい〜畠中!井手口の速いボールからうまく押し込んだけどな!バーに嫌われるとは」
「E1選手権 って、国内組中心のB代表出して惨敗している印象がある」
「ナイス武蔵ゴールッ!!」
「今のはいい形!」
「おい、飛び蹴りじゃねーか!」
「あれはアカンやろ。1発レッドやん」
「マジで怖すぎる。これじゃサッカーじゃないよ、怪我しなきゃいいけど」
「上田は意外と足元の技術ある。ポストプレー出来るのは五輪世代にとっても良いね」
「海外組の代表は、勝って当たり前の試合ばかりだから、この大会は、面白い」
「いろいろちょっと怖かった。でもリードしてるから勝ち切ろう!」

 前半を1-0で折り返した森保ジャパン。後半にさらなる追加点を挙げ、勝利を手にできるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部