鈴木のA代表初ゴールで日本が先制した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 E-1選手権の日本代表対中国代表が12月10日、韓国の釜山九徳スタジアムで19時30分のキックオフで行なわれている。

 日本はスタメンに上田綺世、鈴木武蔵、森島司らを前線に起用。今季のJリーグMVPを獲得した仲川輝人はベンチスタートとなった。

 序盤は中盤でのせめぎ合いが続いたものの、15分過ぎから日本も左サイドからチャンスを創出。遠藤渓太のドリブルでの仕掛けを突破口にゴールに迫る。17分には左サイドでFKを得ると、井手口陽介のクロスに畠中槙之輔が右足で合わせるが、これはポストに嫌われてしまう。

 しかし日本は25分、再び左サイドを打開し、森島からのグラウンダーのパスを鈴木が右足で押し込み、ついに先制点を奪った。日本が鈴木の代表初ゴールで1点のリードを奪っている。