オービスの前を変顔で通過 19歳の少年は捜査及ばないようにしたか

ざっくり言うと

  • 19歳の少年がオービスの前を通過する際、口をとがらせて「変顔」をしていた
  • 6月、首都高速環状線外回りで法定速度を上回る時速128kmで車を運転した疑い
  • 容疑を否認しているが、変顔で捜査が及ばないようにしていたとみられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング