©テレビ朝日

写真拡大 (全4枚)

バナナマンがゲストと気になるスポット3箇所を車で巡る『バナナマンのドライブスリー』。

12月10日(火)放送の同番組には、俳優の成田凌が登場する。

©テレビ朝日

今回は、大の“シンメトリー(左右対称)好き”だという成田が、シンメトリーな景色や建造物を求めてバナナマンとドライブ。

お気に入りのシンメトリー空間や巨大建築物に大興奮するなど、普段見ることができない、成田凌の不思議な実態が明らかになる。

◆成田凌ワールドが止まらない!

建物や景色、食べ物などなど…とにかくシンメトリーなものが大好きだという成田。

高速道路に書かれた「出口」の文字にまで興奮するという意外な“フェチ”を明かし、バナナマンを驚かせる。

©テレビ朝日

さらに、同じものの集合体も大好きで、高速道路から見える巨大団地に大興奮!

「いつも口に出せないことを言えるのがうれしい」とその素晴らしさを饒舌に語ると、車内は大盛り上がり。終始、成田凌ワールド全開のドライブとなる。

◆「おばあちゃんが握るおにぎりが好き」

食べ物もシンメトリーなものを好み、“アジの開き”が好きだという成田。また、潔癖気味のため「若者の握るおにぎりは苦手」だが、「おばあちゃんが握るおにぎりは好き」なのだという。

こうした独特すぎる好みを明かしてバナナマンを笑わせると、その後は好きなみそ汁の具を当てるクイズで盛り上がる。

また車内カラオケタイムでは、成田が最近ハマっているという女性アーティストの曲を踊りながら聴いたり、日村が番組ではお馴染みの玉置浩二『田園』を熱唱し成田が「最高!」と大笑いする場面も。

©テレビ朝日

そして成田は、「普段横並びのバナナマンを縦にしたい」という願望を実現させるべく、バナナマンと一緒にシンメトリーな写真撮影にも挑む。