ラグビーは激しく体をぶつけ合うスポーツだけに規律が求められる


 今年の新語・流行語大賞が発表された。

 御代替わりの元号「令和」やデビュー2年目に全英女子オープンを42年ぶりに制覇し最後まで賞金女王を争った「スマイリング・シンデレラ/しぶこ」などもあるが、大賞に選ばれたのはラグビーのワールド・カップ・日本大会でベスト8に進出した代表チームの合言葉「ONE TEAM」であった。

 ラグビーの活躍については今でもマスコミ関係紙誌に論評が続いている。

 それほどインパクトが大きかったのは豪州、ニュージーランド、サモア、トンガ、韓国などの出身者も「日本国旗」の下に集い、国歌を高らかに謳い、国家を超越した団結力で国民を熱狂させたからである。

 出自が異なっているだけに、異国の旗の下で「ONE TEAM」として纏まるためには大変な努力が重ねられたという。

 折に触れ日本の歴史、なかでも武士道を学び、日本の国歌をわが胸に刻み、コーチ陣と代表、それぞれがお互いの関係性に於いて礼節を欠かさず、外国人にとっては不得手な長期間(240日)の合宿もやり通したことからも伺える。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ラグビーは紳士を育てるスポーツ

 ラグビーほど荒々しいスポーツはないかもしれない。身体と身体のぶつかり合い、スピリットあふれる果敢な攻防は観る人を興奮させずにはおかなかった。

 そうした中で大きな怪我人が出ない、あるいは試合中に喧嘩らしい喧嘩が起きないのは理由があった。

 ラグビー精神と呼ばれるものから来ているようだ。それは「品位・情熱・結束・規律・尊重」の5項目である。正しく紳士の要件ではないだろうか。

 しかも試合が始まれば、ヘッド・コーチでも介入しない。すべてはキャプテンの指示で行動し、キャプテンしかレフリーにクレームをつけることができない。何から何まで、これまでに見てきたスポーツとは異なることばかりであった。

 科学技術の発展はテレビで再審が行われることもあるが、身体を激しくぶつけ合う試合で時には判定に不満もあろうが、キャプテンがだらだらと抗議することはない。審判の権威がしっかり維持されている。

 多くの試合でキャプテンを務めたマイケル・リーチが「優しさは必要ない。鬼にならなければならない」と言っていたし、ヘッド・コーチも日本人の規律正しさを知っているがゆえに、「規律正しさは時に従順さにも置き換えられ、従順さはしばしば勝利から遠ざける」という。

 そこで、「今まで勝ったことがない相手に対してまで従順ではいけません」「ラグビーには非常に荒々しく勝利を掴み取らなければいけない局面があります。その時に、真面目さや勤勉さだけではベストの結果を導き出せない」(「W杯日本大会は究極のチャレンジ」、『Voice』2019年10月号) と語っている。

 鬼は敵であり、倒さなければこちらが倒されることになる。

 そこに展開される戦いは死闘そのものである。しかし平和時のルールに基づく死闘で、決して相手を故意に傷つけるようなことがあってはならない。

 死闘を繰り返しただけに、試合終了とともに「ノーサイド」である。

 もはや鬼でも敵でもなく、ただただチームのために、またこよなく愛する国を背負った一人の人間として、彼我かまわず抱き合い称え合う美しい姿が見られるというものだ。

外国人でも代表たちの「心」は日本人

 ラグビーWカップでは、日本代表31人の中に15人の外国生まれの選手がいた。日本国籍をとっている選手もいれば、日本に3年以上住んでいるために代表資格をとれた者もいた。

 スクラムを組むフォワードはもちろんであるが、ラグビーでは体重が重要な要素である。

 日本人は全体的に小柄で、どうしても外国人を組み込まなければ、「体重」という物理的な面で劣勢となる。

 しかし、体重があるだけでは力とはなり得ない。物理では力(F)は質量(m)と加速度(a)の積F=maで表される。この場合の加速度は踏ん張る勢い、すなわち気力であるとみていいだろう。

 この気力が問題である。

 日本のため、あるいは日本の代表チームのためということで、代表に冠の「日本」が付いている。

 印象的であったのは、サモアとの試合でサモア出身の日本代表ラファエレ・ティモシー選手が貴重なトライで勢いづけたことである。

 これこそはサモア人でありながら、心は日本人になり切っていたことの証左であろう。

 もう一つ例示するならば、日本代表には韓国籍の具智元(グ・ジウォン)選手がいた。日本代表の中では最重量で、フォワードのプロップであった。

 日韓関係が最悪とも言われた時期で韓国では日本製品のボイコットが続いていた。

 過去の例からはこうした状況下での日韓対決のサッカーや野球などではしばしば嫌がらせが起きてきた。オリンピックという、世界が観ている中でさえそうしたことが行われた記憶がある。

 政治・外交・安全保障・経済などのあらゆる分野で日韓関係が最悪な状況の中にあって、対戦相手は韓国でこそないが具選手は「日本代表」という立場で日本のために戦ったのである。

 しかも、ろっ骨を痛めて戦列をちょっと離れるが、すぐに引き返しスクラムを組もうとする。

 そのとき既に選手交代の指示が出ており、悔し涙を流しながら引き揚げる姿が痛ましかった。

 この悔し涙について、当人は「日本代表として二度と出ることができないのではないかと思った」と述べている。

 外国人ではあるが、「心は日本人」で、代表として選ばれた自負と責任感を強く持っていたからに違いない。

外国生活での意識の変遷

 外国理解には数年かかるという。意識の転換が必要だからであろう。

 呉善花(オ・ソンファ)氏(『スカートの風』)は、外国が最初は興味津々であるが、しばらくすると自国へのノスタルジーと当該国の嫌さも増してくる。

 多くの人はそこで該国を離れるので嫌な印象しか残らないが、それを乗り越えると該国の本当の姿が見えると記している。

 筆者も米国でこれに似た経験がある。最初はすべてが珍しく、デパートでは背広に鎖が通されていることや、地下鉄の有料トイレを出ようとすると、ドアを開けた瞬間に誰かがさっと入ってくることなど、危険以前に好奇心や興味が先立っていた。

 あるいはサイレンを鳴らしたパトカーが路上の少し高くなった電車乗り場に乗り上げて猛スピードで走っていく姿を見ながら、西部劇の再現でもあるかのように感心し、ある時ニューヨークの友人を訪ねると、入浴中に飛んできたピストルの弾丸を見せてくれた。

 好奇心は高まる一方であったが、ある日ホストファミリーを訪ねると、昨夜タイヤがみんな切られたよという話、また昵懇の米国の友人に誘われ一杯飲みに行ったときどこかへ消えてしまわれ、帰途が分からず途方に暮れるなど、身の周りに危険が迫っている強迫観念にかられるようになっていった。

 それを乗り越え、何でも何処でも見てやろうという意識が強かったので、週末は米国発見に努めた。

 当時はまだ日本になく珍しかったディズーニーランド(カリフォルニア)、ニューオーリンズの路上ジャズ喫茶にラスベガス、また宇宙管制センター(ヒューストン)や月旅行したアポロ13号発射基地(フロリダ)などなど。

 こうして理解を深めていったが、ラグビーのように代表資格を得るために外国に帰化したり、あるいは3年間でその国の人になり切ることは、よほどの決意と大変な努力がいるに違いない。

有名野球選手の息子

 こう見てくると、ある程度長く該国に住み生活して、初めて真の心が養われ、理解につながることが分かる。

 ラグビー選手を見て分かるように、該国で「生活する」ということは、その中に溶け込むことであり、当地の言語で意思疎通を図ることである。

「外国生活での意識の変遷」でも分かるように、当初は興味津々で理解が進んだように思えるが、真の理解に至っておらず、また若干のゆとりが出たところで興味から観察に変化し、嫌な面が多く見えるようになる。

 それを乗り越えて初めて「真の理解」に繋がる。

 外国で活躍する選手は、当地の言葉も巧みである。他方、日本で成績を上げて活躍した選手が外国で振るわないのは、土地や食べ物などへの親近感が少ないこともあろうが、そうしたことも意思疎通の不十分さから来ていると思える場合が多い。

 超有名野球選手の息子もプロ選手で、シーズン・オフを利用して米国へ短期間の野球留学をした。

 その時、スポーツ記者から「英語はしゃべれますか」といった類の質問を受けた。その答えが「私は語学の勉強で行くのではなく、野球を学ぶために行くのだ」であった。

 筆者には何か勘違いしているのではないだろうかと思って聞いていたが、やはり、収穫らしい収穫を上げることもなく帰国し、間もなく選手としての生命も消えていった。

 学ぶのは「打法」の「技術」かも知れないが、その技術を伝授するのは「言葉」を通じてであり、さらに深読みすれば、技術の根幹には肉体構造やその元となる栄養問題なども絡んでおり、そうした細部は言葉を通じてしか習得し得ない。

 ラグビーで日本代表になった外国人たちの日本語能力を必ずしも把握しているわけではないが、チームの中で交わされる言葉は日本語の場合が多いであろうし、何よりも意思疎通した行動がとれなければならない。

 その点で、ヘッド・コーチやキャプテン、また代表選手たちの発言からは、ほぼ完璧な意思疎通ができていたようである。

白鵬の優勝はなぜ感動を与えないのか

 記録だけで見るならば、白鵬は空前絶後の大横綱であろう。

 先の九州場所では43回目の優勝を果たし、目標は50回とも語っていた。しかし、こうした快挙や掲げる目標に対して、マスコミがさほど騒がないのは一見不思議である。

「週刊ポスト」(2019年12月13日号)はスポーツ記者の話として、千秋楽翌日に開かれた横綱審議委員会(横審)の定例会合は「通常は15分で終わる会議が30分以上かかった。もちろん、議題は“白鵬の立ち合い”だと想像がつきました」と書き、異例の長丁場になったという。

 ほかでもないが、「相撲内容が場所中から問題視されていた」からである。その状況を同誌は次のように書いている。

「初日の北勝富士(小結)戦を皮切りに、立ち合いでの顔面へのカチ上げ、張り手を繰り返した。12日目の遠藤(小結)との取組では立ち合いで左を張った後に、顔面に右からエルボーのようなカチ上げを見舞い、遠藤は鼻から流血し、土俵に崩れ落ちました」

 相撲評論家の元小結・舞の海秀平氏は「頭から離れない」一番に遠藤戦をあげる。そして「右肘で遠藤の顔面を打ち抜いた。しかも、左手で相手の顔を押さえ、逃げられないようにしているところに悪意を感じる」と難じる。

 続けて、過去の大横綱も相手の上体を起こす戦法としてカチ上げをしたが、白鵬は「最初から顔の高さに腕を持っていき、相手を痛めつけるためにやっている。『肘打ち』と呼ぶ方がふさわしい」と断じる(「産経新聞」令和元年12月5日付「相撲猊供輜澄廖法

 矢野弘典横審委員長は会合後に「見苦しいという意見がほとんど全員(の委員)から出た」として、「協会からも指導をしてほしい」と指摘した。

 しかし、広報部長の柴田山親方(元横綱・大乃国)は、「先生方からのご意見は承りましたが、これが(白鵬の)耳に入ると思う。白鵬には何もないです」と応じ、“お咎めなし”の姿勢をとった。

 それとなく白鵬の耳に入るのと、協会幹部が指摘するのとでは重みが違うことが分かっていないようだ。

 それどころか、「張り手をすれば脇が空く。対戦相手がその対策ができないのも情けない」と、白鵬と対戦する力士たちの勉強不足に苦言を呈したという。

 相撲解説者たちもほとんど白鵬の張り手やカチ上げを批判することはなく、一人横綱で場所を引っ張っているといった類の賛辞が多い。

 身内であるから当然と言えば当然かもしれないが、国民には大相撲の美しさや伝統とは何かなどに触れると同時に、6場所中の3〜4場所しか出ないでは、出場しなければ番付が下がる大関以下の力士たちと同等の条件でないことなどにも言及し、横綱だからこそ異常な振る舞いには注意喚起することも必要ではないだろうか。

 しかも、白鵬は右からエルボーのようなカチ上げを行う。その肘にはサポーターが巻かれている。カチ上げを行うくらいなのに、なぜサポーターが巻かれているかいつも不思議でならない。

 相撲取りの美しさはまわし以外は一切身に着けいないことであろう。従って、サポーターやテーピングをするにしても膝関節や上半身では肩など最小限で、肘にサポーターをする力士はほとんど見かけない。

 1人横綱で場所を引っ張っていることは確かであろうが、「勝てばよい」という心がほかの力士にも蔓延すれば、美しい相撲道が廃れるのではないだろうか。

 貴乃花親方が求めた相撲道はそうならないことであり、横審の注文も相撲道の原点にあるのだろうが、現在の協会の方向は興業の成功が先にあるようだ。

 国技の相撲がこれでいいのか、じっくり考えなければならない時期に来ているのではないだろうか。

 白鵬は「後の先」を口にしたことがある。それは連勝記録が双葉山に迫りつつあったときであったかと思うが、大横綱の在るべき姿を自分なりに描きつつあった時のように思えた。

 その後の白鵬は、審判にクレームをつけるなど、力士としての振る舞いに横柄さも目立ってきた。

 しかも、張り手、カチ上げ、肘のサポーターなどでは横審もしばしばクレームをつけている。それを改めない姿勢には「優勝がすべて」といった意識だろうか。

 舞の海氏は先の俵論で「日本人が昔から大切にしてきた精神を、いま一度学び直してほしい」と注文している。

 白鵬には真の大横綱になり、親方になってからは入門してくる若者たちに大相撲の精神をしっかり注入してほしいものである。

筆者:森 清勇