保育士 昼寝の子どもに対し無理やり「危険」な起こし方していたと発覚

ざっくり言うと

  • 北九州市の認可保育所で、複数の保育士が子どもに「危険行為」をしていた
  • 昼寝から無理やり起こすため、簡易ベッドを斜めに傾けて滑らせていたそう
  • 運営団体は事実関係を認め、「1年ほど続いていた可能性がある」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング