サウジアラビア首都リヤドのファストフード店に設置された、男女を分けるついたて(2004年7月11日撮影、資料写真)。(c)PATRICK BAZ / AFP

写真拡大

【AFP=時事】サウジアラビアではこれまで、レストランやカフェに男女別の入り口を設けることが義務付けられていたが、この規定が廃止された。政府関係者らが明らかにした。超保守的なイスラム教国である同国は、社会の規制緩和を進めている。

 かつて権力を持っていた宗教警察が、公共の場での男女隔離を徹底してきた同国の飲食店は長きにわたり、独身男性用の入り口と、女性と家族用の入り口の2つを設けなくてはならなかった。

 地方自治体を管轄する当局は8日、「独身男性用の入り口と、家族連れ用の別の入り口」を設けるという規定を含め、飲食店に関する幾つかの要件を撤廃するとツイッター(Twitter)で発表した。

 ただ、店内の座席に関する要件も同時に撤廃されるかどうかは明言されていない。

 飲食店内には現在、女性連れの「家族」エリアと、男性用の「独身」エリアが設けられている。とはいえ同国内で大幅な規制緩和が進む中、近年多くの店ではひそかにこの区分が取り払われてきている。

 今回の動きはサウジの若者に歓迎される一方、厳格な保守派はソーシャルメディア上でこれを批判。あるツイッターユーザーは「シャリア(イスラム法)に反する」とコメントした。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
フェミニズムを「過激思想」と見なす動画が物議、サウジが事態収拾図る
イスラム世界におけるシャリア、その解釈と適用
フィリピン人家政婦、サウジで漂白剤飲まされ「深刻な状態」