全然おもしろくないやん…好きな男から「つまんない認定される会話」4選

写真拡大

デート中は二人で会話を楽しむものです。女性だけが楽しくても、男性が「つまらない」と感じてしまえば、残念な結果を招くことに……。今回は、好きな男性から「つまんない認定される会話」を4つご紹介。当てはまっていることがある場合、ひとつずつ見直してみましょう。

(1)愚痴が多い

『いつもいつも愚痴ばかり聞かされてるとウンザリするよ』(27歳/建築)仕事や人間関係の愚痴を、好きな男性に伝えてしまっていませんか?ツライ出来事は、心を許せる誰かに癒してほしいもの。ですが聞いている男性側は内心「早く終わってくれないかな」「全然居心地が良くないな」と思っていたりします。普段は言わない愚痴を吐いてくれるのは、頼られているようで嬉しいこと。でもあまりに多いと、男性も飽き飽きしてしまいます。

(2)自慢話が多い

『自慢話ばっかりで、聞いててもつまらない』(28歳/企画)承認欲求が強すぎると、知らず知らずに自分の自慢話ばかりしてしまいます。嬉しいことを共有するのは、男性も喜ぶもの。ですが褒められたいが為に自慢話をすれば、自然と「疲れるな」と思ってしまうでしょう。自慢話には「私を褒めて」という強い願望がくっついています。それが男性への圧迫感へと変わってしまうのです。

(3)論点を変える

『せっかくこっちが話してるのに、論点をすり替えられるとイラっとする』(29歳/コンサル)男性と話している時に、ふと論点と違う話を出してしまうと、せっかくの話の流れが台無しになります。「話を続けたかったのに」「いいところだったのに」と思えば、その後の会話もまったく頭に入らないでしょう。会話中は相手が納得するまで、きちんと最後まで話を聞きましょう。遮っていいことはありません。

(4)内容がネガティブ

『ネガティブなことを聞いてると、こっちまで暗い気持ちになるんだよね』(27歳/コンサル)ネガティブな内容の話題は、一緒にいる人の心もネガティブにします。男性が女性に求めているのは「癒し」です。暗い話ばかりしていると、居心地は悪くなり、「癒し」を提供してくれる女性のもとへ去ってしまうことも。悩み事やツライことを男性一人に向けすぎないよう、相談できる窓口をいくつか設けることが大切。また知識を身に着けたり内面を磨いて、落ち込みやすい性格を改善することもできます。「つまらない」と思わせる会話をダラダラ続けても、印象は下がり続けてしまいます。「今調子が悪いな」と思ったら、早い段階で切り上げるのも一つの方法。彼と会うときはムリせず、明るい自分でいられるようにしましょう。(恋愛jp編集部)