膠着状態を打破されるか……

写真拡大

 御代替わりで皇嗣となられた秋篠宮さまは、11月30日には54歳になられた。これに先立ち開かれた会見では、膠着する「結婚問題」で長女・眞子さまへ決断を促していた――。

 ***

【写真】眞子さまのお相手にとの声も… 美男「ブルネイ王子」

 12月4日に皇居・宮中三殿を参拝され、天皇・皇后両陛下のご即位に関する一連の儀式は一段落した。

 年が明け、4月には秋篠宮さまが皇位継承者であることを内外に宣明する「立皇嗣の礼」が控えている。令和の皇室が装いをととのえて本格的に動き出すわけだが、その秋篠宮さまは11月30日に54歳となられ、

「平成の時代から、お誕生日に先立って宮内庁の記者会を前に会見をなさるのが慣例となっていました。今年は20日の午前中、改修工事が始まっている秋篠宮邸の北側に位置する『赤坂東邸』で行われました」

膠着状態を打破されるか……

 とは、宮内庁担当記者。

「昨年までは紀子さまとご一緒に会見されていましたが、御代替わりで皇太子に準じるお立場となられたため、前例を踏まえて今年はお一人で臨まれたのです」

 昨年の会見で秋篠宮さまは、眞子さまとの結婚が暗礁に乗り上げた小室圭さんについて「それ相応の対応」がなければ納采の儀は難しいと明言。また「身の丈にあった儀式に」との表現で大嘗祭を国費で賄うことへの疑問も呈されるなど、ご発言がさまざま波紋を呼んだのは記憶に新しい。先の記者によれば、

「記者会では今年も、昨年と同じく五つの質問を用意し、宮内庁を通じて事前に秋篠宮さまにお渡ししました。その概要は『皇嗣となられたお気持ちと新時代の皇室像について』『即位の礼と大嘗祭に臨まれたご感想』『眞子さまと小室さんとのご結婚について』『悠仁さまのご成長と佳子さまの今後』『一年で印象深かった出来事』というものでした」

 とのことで、会見当日は、

「秋篠宮さまは、時に質問を繰り返し記者に確認されながら、言葉を選ぶようにご回答されていた。昨年はお隣に紀子さまがおられ、お互いに内容を補われながら、小室さんへの注文や眞子さまのご体調、そして大嘗祭のあり方など、多岐にわたりシリアスな話題が展開されましたが、今回はやや趣が異なりました」

 それは例えば、

「2問目で即位の礼と大嘗祭に臨まれた感想を述べられる時、秋篠宮さまは『即位礼正殿の儀に出席して、前回(平成時)と一つ違うことがあった』と切り出されました。そこで『前回は、隣に現在の陛下がおられた。私は所作がわからなければ隣を見ていればよかったのですが……』などとあけすけに仰るので、記者会からは笑いが洩れました。続けて『大嘗祭も同じで、今回はそれ(真似)ができない。ほかの参列者は私に合わせるだろうから(所作を)間違えないようにしなければいけないので、少し緊張しましたね』とも述べられたので、会見はすっかり和やかなムードとなったのです」

 皇位継承順位1位である皇嗣が、かような言い回しで天皇一世一度の儀式を回想されるとは、これもまた“令和流”といえようか。さる宮内庁関係者が言う。

「殿下は以前から、会見などで直截な表現を好まれることがままありました。今回のジョークを交えたご回答も、いわば“素のまま”だったと拝察いたします。もっとも、最近の報道で秋篠宮家に逆風が吹いているのはよくご存じで、メディアとの距離をこれ以上広げないためにも、和やかな雰囲気をお作りになりたかったのではないでしょうか」

 が、その一方で、

「昨年は、大嘗祭について天皇家の私費である内廷会計で行うべきだと述べられました。このご発言について記者から『現在も認識にお変わりはありませんか』と問われると、殿下はきっぱり『それについては昨年と気持ちは変わりません』と仰り、確固たるご信念を示されたのです」(同)

再び眞子さまが

 そんな中、最も注目を集めたのは3問目、眞子さまと小室さんに関する問いへのご回答だった。会見場で、

〈ご結婚に関する行事が延期され、来年の2月で2年となります〉

〈お二人の結婚に対する殿下の現在のお考えや見通しをお聞かせください〉

 と問われた秋篠宮さまは、

〈結婚の見通しについては、私が昨年お話ししたことと変わっておりません〉

 そう述べられたというのだ。前出の関係者いわく、

「殿下の昨年のご回答は『多くの人が納得し喜んでくれる状況にならなければ、いわゆる婚約にあたる納采の儀は行えない』『(小室さんは)きちんと、どういうことなんだということを説明し、納得してもらう状況を作る“相応の対応”が大事』という内容。つまり、そのお考えをお持ちでありながら、状況は全く変わっていないということです」

 さらに秋篠宮さまは、

「記者の“2月で2年”というくだりを反復なさった上で『やはり昨年2月に“今の気持ち”というものを発表しているのですから、何らかの発表はする必要があると思っています』と明言されたのです」(前出記者)

 昨年2月、宮内庁は、

〈眞子内親王殿下のご結婚関係儀式等のご日程の変更について〉

 と題し、

〈一連の重要な儀式等が滞りなく終了した再来年になる見込み〉

 との旨、発表していた。

「この時、宮家を統括する宮務主管が、あわせて眞子さまと小室さんの“お気持ち”も発表しました。その文書の冒頭は『私たちは』となっており、お二人の一人称スタイルで延期に至った理由が綴られていた。これを踏まえれば、秋篠宮さまは再び眞子さまに、現在のお気持ちを文書にまとめさせ、2月に発表なさるご意向なのだと思います」(同)

 秋篠宮さまご自身も覚悟をもって、ご結婚への筋道にしろ、あるいは破談になるにしてもしっかりと国民に説明するよう、眞子さまに決断を迫ったわけである。

天皇誕生日の前に…

 では、“2月の発表”でそうした状況に風穴が開けられるのかといえば、はなはだ覚束ない。現に会見では、

〈最近、眞子さまとはどのような話し合いをなさっていますか〉

〈小室家とは何らかの連絡を取られていますか〉

 との質問もなされたのだが、これに秋篠宮さまは、

〈長女とは最近は、即位礼の一連の行事については話をしましたが、結婚のことについては話をする機会はありません〉

〈小室家との連絡は、私は取っておりません〉

 そう言い切られたのだった。秋篠宮家の事情を知る、さる関係者が指摘する。

「6月に秋篠宮ご夫妻が欧州を訪問なさる際、会見で『娘から話を聞いておりません』と仰っていましたが、依然その状態にあると、公に認めてしまわれたわけです。さらには今回、相手方の小室家とも没交渉であると明かされた。ご当人同士はともかく、家同士がこれではまとまるはずもありません。発表の目処である2月まで、2カ月余りしかない。好転する要素がまるで窺えないのです」

 そもそもの発端は一昨年暮れ、小室さんの母・佳代さんと元婚約者との間の400万円を超す金銭トラブルが発覚したことだった。小室さんは今年1月、

〈解決済みの事柄である〉

 との認識だったと文書で公表しつつも、元婚約者の理解を得たいという姿勢を示していた。が、元婚約者の代理人に聞くと、

「夏に“話し合いがスタート”などと報じられましたが、実際は全く始まっておらず、その後も小室さん側の代理人から連絡はありません。元婚約者の気持ちは今も『圭さんの結婚を邪魔する気は毛頭ない。ただ貸したものを返してほしい』というだけなのですが……」

 トラブルの解決なくして進展なし。皇室ジャーナリストの神田秀一氏が言う。

「秋篠宮さまが『2月に何らかの発表を』と仰るのは当然のことと思います。ですが、両家とご本人方との間では十分なやり取りができていない。そんな状況で婚約、結婚と道筋を立てて実現させていくのは難しいのではないでしょうか」

 秋篠宮さまが小室家との没交渉を明かされたのは、

「“このままでは何も進まないので動いてほしい”というメッセージかもしれません。ただ、それならもっと早く解決していたはず。2月23日には天皇陛下のお誕生日が控えています。秋篠宮さまとしても、陛下のお祝いに水を差すような事態は絶対に避けねばならない。“発表”はそれより前になるのではないでしょうか」

 いよいよ刻限間近である。

「週刊新潮」2019年12月5日号 掲載