ベトナムの通信キャリアViettelの文書から、iOS13.3とwatchOS6.1.1が、来週にも正式リリースされることが判明しました。現在は開発者および登録ユーザー向けにベータ4とパブリックベータ4がリリースされています。

iOS13.3は来週水曜日までには公開か

ViettelのeSIMサービスは、現地時間12月13日よりスタートしますが、同社が顧客向けに配布した説明書には、同サービスの利用には「iOS13.3およびwatchOS6.1.1へのアップデートが必要」と記されています。
 
つまりiOS13.3は12月13日金曜日前には公開されていなければなりません
 
Appleは火曜日か水曜日にOSのアップデートを行うケースが多いことを考えると、iOS13.3は12月11日水曜日までにリリースされると見ていいでしょう。

iOS13.3では複数の新機能が追加

iOS13.3では、子どもたちが休止時間中や1日を通じて連絡を取り合える相手を「設定」アプリの「スクリーンタイム」で管理できる機能や、ミー文字/アニ文字のステッカーを絵文字キーボードにおいて非表示にするオプションの追加など、いくつかの新機能が追加されています
 
またiOS13.3、watchOS6.1.1と合わせて、tvOS13.3もリリースされると予想されています。

 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)