私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第11回
なぜ「史上最強」チームは崩壊したのか〜稲本潤一(3)

 2006年ドイツW杯、日本は初戦のオーストラリア戦でまさかの逆転負けを喫した。グループリーグ突破のためには、2戦目のクロアチア戦は、絶対に勝たなければいけない試合だった。

 前半は0−0。ハーフタイム、稲本潤一はジーコ監督に呼ばれて、後半からの出場を指示された。

「『やっと(出番が)来たか』って感じやったし、『やろう!』と思っていた。今までの気持ちをぶつけられるチャンスやなって思っていた」

 しかし後半も、両チームともに決め手を欠いて、0−0のまま試合が終わった。

 その結果が示す意味は、試合後にうなだれた選手たちの姿から、誰もが容易に理解できた。勝ち点1を得て、グループリーグ突破の可能性は残したが、最終戦の相手は”世界王者”のブラジルだ。その相手に2点差以上の差をつけて勝たなければいけないことは、最高難度のタスクだった。

 ブラジル戦、稲本にようやくスタメンの座が回ってきた。

「まあ、試合に出られたのはよかったけど、試合はどうにもならんかった。(日本が)先制したけど、すぐにブラジルにひっくり返されて、ボコボコにやられた(結果は1−4)。本気になった時のブラジルの、ホンマの強さを痛感し、(日本との)力の差を思い知らされた」

 日本は、1分2敗でグループリーグ敗退が決定した。「史上最強」とうたわれ、大きな期待を集めたチームは、1勝もできぬまま、ドイツW杯の舞台から去ることになった。

「うっ憤がたまったまま(大会が)終わってしまい、(自分が)何もできずに終わった悔しさはあった。でも、それも一瞬やったと思う。日本に帰る時には、次のW杯へ(気持ちは)向いていた」

 大会後、稲本はトルコリーグへの挑戦を決めた。そこから約1年、稲本は日本代表からも離れ、静かに時間が過ぎていった。

 ドイツW杯から4年後、稲本は南アフリカW杯に挑む、岡田武史監督率いる日本代表メンバーに招集された。メンバーには”第3GK”でチームキャプテンという、チームのまとめ役を任された川口能活も選出された。W杯経験のある稲本は、自らも川口と同様の役割を求められてこのチームに呼ばれた、という意識があったと言う。

「(南アフリカW杯では)試合に出たかったけど、チームを勝たせることとか、『前回(ドイツW杯)のような失敗をしないように』という意識のほうが強かった。いい選手がいくら集まっても、ドイツの時のように(チームが)なったら勝てへんからね。

 岡田さんからは、とくに何も言われていないけど、(自分は)能活さんを中心に(チームの)士気を下げないこと、チームを盛り上げていくこと――そういう仕事を求められているんやな、というのはわかっていた。それが苦じゃなかったのは、30歳になって、尖っている自分がなくなっていたのもあるけど、前回の経験と(その後の)4年という時間を過ごして、日本代表というチームを広い視野で見られるようになったのが大きいと思う」


ドイツW杯と南アフリカW杯、それぞれの違いについて語る稲本潤一

 稲本が「チームのために」という仕事に意欲的だったのは、「ドイツW杯の悪夢を繰り返さない」という思いが強かったからだが、チーム内における自らの序列や、当時のチーム状況も影響している。

 ボランチは、長谷部誠と遠藤保仁が主軸としてプレー。彼ら以外にも、中村憲剛、阿部勇樹、今野泰幸ら力のある選手が控えていた。

 また、チームはW杯前から結果を残せず、停滞ムードにあった。メディアやファンからも厳しい声が聞かれ、選手たちも「このままでは(W杯で)勝てない」という不安を抱えていた。

 そのため、稲本は自らのことより、まずはチームのことを優先した。

「この時のチームはドイツW杯の時と違って、大会前の調子がめっちゃ悪かったからね。事前合宿に入ってからも、選手を入れ替えたり、システムを変更したり、チームがガチャガチャしていて、選手の間でもかなり危機感があった。そういう状況で、選手同士が争っている場合じゃない。

 それに日本人って、危機感があるほうが団結するじゃないですか。昨年のロシアW杯の時も、そうだったと思うんですよ。とにかく、危機感を前にして、試合に出られない不満とかなかったし、勝つために『チームを盛り上げてやっていかなあかん』って、(自分は)そのことばかり考えていた」

 稲本が言う「ガチャガチャしていた」チームは、急きょキャプテンが中澤佑二から長谷部誠に代わり、レギュラーからGK楢崎正剛、DF内田篤人、MF中村俊輔らが外れ、システムも試行錯誤の末、アンカーに阿部を置く4−1−4−1に変わった。

 そして、新しく生まれ変わったチームはW杯本番、劣勢と見られていた初戦のカメルーン戦を1−0で勝った。

「初戦に勝てたのは、めっちゃ大きかった。『このやり方で間違っていないんだ』っていうのがわかって、それが自信になった。

 初戦に至るまでのプロセスとか、(選手たちの)気持ちは、ドイツW杯の時とはぜんぜん違ったね。危機感をみんなで共有して、同じ方向を向いて、初戦にかける思いがすごかった。ドイツW杯の時は、そういうのが足りてなかった。その(選手たちの)思いの差が、初戦の結果になって出たんかなと思う」

 2戦目のオランダ戦は0−1で敗れたものの、3戦目のデンマーク戦を3−1と快勝。日本は、見事にグループリーグを突破した。

 決勝トーナメント1回戦では、パラグアイと対戦した。試合は0−0のまま延長戦に突入。そこでも決着がつかず、PK戦(3−5)の末、惜しくも敗れた。

「負けた時は、寂しさがあった。(途中出場で)2試合しか出ていないし、『もっとこのチームでやりたかったな』という思いが強かった。

 ベスト16という結果は、このチームとしての限界ではなかったと思うけど、その壁を超えるには、(チームの)一体感だったり、勢いだったり、気持ち(の強さ)だけでは足りない。それにプラスして、ほんまの力をつけていかないとベスト16の壁は超えられへんとあらためて思った」

 この南アフリカW杯の時と似ている状況だったのが、昨年のロシアW杯だ。大会を目前にしてヴァイッド・ハリルホジッチ監督が解任され、急きょ指揮官が西野朗監督に代わった。立て直しを図る時間がほとんどないなか、危機感を抱いた選手たちが団結して、本番を迎えた。

「南アフリカ大会の時よりも、ロシア大会のチームのほうが余裕を持ってベスト16入りを決めた。初戦のコロンビア戦の勝ち方、3戦目のポーランド戦における割り切った戦い方とかを見て、そう思った。決勝トーナメント1回戦のベルギー戦も負けたけど、いい試合をしていた。

 南アフリカ大会から8年かかって、世界といい勝負ができるようになった。それでもベスト8に行けないのは、まだ力が足りないということ。日本は強くなっているけど、他の国も強くなっているんでね」

 南アフリカW杯以降、多くの選手が海外でプレーするようになって、選手個々のレベルは確実に上がっている。一方で、チームはどうか。レベルアップはもちろん、「これが日本のサッカーだ」というスタイルが確立できていないのが現状だ。

 それは「監督選びに問題がある」と、稲本は考えている。4年ごとに監督が代わって、そのつどサッカーのスタイルが変われば、いつまで経っても”日本のサッカー”は確立できないからだ。

 2002年W杯で指揮官を務めたフィリップ・トルシエ監督のほか、結果を出しているのは、奇しくも岡田監督(2010年W杯)、西野監督(2018年W杯)という日本人監督だけ。稲本は、岡田監督のもとでプレーした際、意思疎通のしやすさ、細かなニュアンスを理解できる日本人監督のよさを感じたという。

 ロシアW杯のあと、森保一監督が日本代表を率いることになった。稲本は「日本サッカーの、道標になってほしい」と期待している。

「僕は、これからは(代表の監督は)日本人でいいと思いますよ。外国人監督になると、そのカラーが強く出てしまうし、監督が代わると、また(チーム作りが)イチからになる。まったく違うサッカーになると、選手は対応するのが難しいし、順応するのに時間もかかる。前回のW杯後、日本人のキャラクターを知り、選手の土台を知る日本人が代表監督になったのは、すごくいいことやと思いますね」

 稲本は穏やかな表情で、そう語った。

 南アフリカW杯が開催された2010年シーズンから日本に復帰し、フランスのスタッド・レンヌから川崎フロンターレへ完全移籍した時、稲本は30歳だった。9年半ぶりに見た日本の景色はガラッと変わっていた。

「実際、自分はもう若くはなかったけど、日本に戻ってきたら、いきなりすごい先輩になっていた(苦笑)。自らの立ち位置も変わって、自らの立ち居振る舞いもいろいろと考えるようになった。

 ゴンさん(中山雅史)とかを見て学んだことだけど、年上の人が元気に率先してやっていくのが、いいチームだと思うんです。だから、若い選手よりも、より練習しようと思った。自分がやっていないのに、人に何かを言うのはおかしな話やし、説得力がなくなるんでね。それで、『元気にやったろう』って。ただ、運動量とかでは(若い選手に)負けているんで、(若い選手相手に)どう勝負していくか、というのも考えてプレーするようになった」

 稲本は、川崎、そしてコンサドーレ札幌で「チームのために」、そして「若手の見本となる」姿勢でプレーしてきた。それは、単に年齢を重ね、経験を積んできたからだけではない。

 今もなお、2006年の”重い十字架”を背負っているからだ。

「自分の中に、2006年ドイツW杯の時の言動が『ダメやった』というのがずっとあるんです。ほんと、今振り返ると『ダサいな』って思う。でも、当時は抑え切れなかった。

 そういうことは、指導者を目指すうえではすごくいい経験になったし、ありがたい経験やけど、それをW杯という舞台でしてしまった。それが、今でも重く自分にのしかかっています」

 あの時、こうしていれば……と思うことは、人生の中ではよくあること。しかしそれが、稲本の場合、サッカー選手にとって最も大切な舞台であるW杯でのことだった。

 その後悔を埋め合わせようと、以降は真摯にサッカーに取り組み、南アフリカW杯では日本のベスト16進出に尽力するなど、日本サッカー界に貢献してきた。そして、40歳となった今も現役として、SC相模原でプレーしている。

 その足跡は、若かった頃の失敗を補って余りあるほど眩しいものだ。

(おわり)