今年は日本馬がもっとも多くの国外のレースに出走した1年だった。その総決算として開催されるのが、12月8日に中国・香港特別行政区の沙田競馬場で行なわれる香港国際競走だ。この日に行なわれる4つのG汽譟璽垢法∈Gは9頭の日本調教馬が挑戦。残念ながら遠征が予定されていたアーモンドアイは出発直前に回避となったが、昨年の4レースすべての勝ち馬が出走してくることもあって、熱い戦いが期待できる。

 今回は、現地で行なわれる4つの競走の日本調教馬の様子と、各レースの穴馬をお伝えしたい。

 最初に行なわれるのは「G宜畊船凜 璽此兵2400m)」。フルゲートとなる14頭中、日本からはラッキーライラック(牝4歳)、ディアドラ(牝5歳)、グローリーヴェイズ(牡4歳)の3頭が参戦する。ディアドラは、今年は海外長期遠征中で、今年の4月以来のアジア圏でのレースとなる。


今年は海外でのレースが続いたディアドラ photo by AAP Image/AFLO

 もっとも早く参戦を表明したのがグローリーヴェイズだ。今年1月のG尭経新春杯(京都/芝2400m)を勝利し、続く4月のGI天皇賞・春(京都/芝3200m)でも2着と好走。ただ、出国前の最終追い切りで、想定よりも速いタイムで走ってしまった反動が気がかりだ。

 追加登録での出走となったラッキーライラックは11月30日に香港入り。その翌日、一緒に輸送されたほかの関西馬は軽めの運動だったのに対し、もう1周キャンターを行なった。意欲的な調教から、充実ぶりが見て取れる。

 ディアドラは11月30日にイギリスから到着。現地である程度調整が行なわれてきたようで、12月4日に芝で追い切ったという。その後、馬場入りを2日間見合わせているのは「やり過ぎないで」というジョッキーの進言とのこと。ただ、ここにきての距離延長(今年は1800m〜2000mのレースに出場していた)には疑問符がつく。今年1年のチャレンジ精神を応援はしたいが、過剰な人気になるのであれば思い切って軽視したい。

 1番人気と目されているのは連覇を狙う地元のエグザルタント(せん5歳)。しかし、データ的に不利な大外14番枠を引いてしまったため、少し割引が必要だろう。代わって注目したいのが、プリンスオブアラン(せん6歳)、ヤングラスカル(せん4歳)、サザンレジェンド(せん7歳)の3頭だ。

 2年連続出走のプリンスオブアランは、昨年は大外枠で8着。今年は8番枠でチャンスができた。昨年よりも充実しており、G轡献蹈鵐娃叩聞襯献蹈鵐亜深2400m)からG汽瓮襯椒襯鵤叩聞襯侫譽潺鵐肇鵝深3200m)のローテーションは、このレースとも相性がいい。

 ヤングラスカルは、3歳時には英国ダービー(英エプソム/芝2405m)で人気の一角だった。この夏、去勢して”賞金ハンター”として再出発。早くからここを目標と明言していた。そして、サザンレジェンドは地元の安定株。好成績をどれだけ収めても、何故か人気にならない不思議なキャラクターだ。初距離でも伏兵として一発を秘める。

 続いて行なわれる「G宜畊船好廛螢鵐函兵1200m)」は、香港短距離路線の世代交代のポイントになりそうだ。

 日本からはダノンスマッシュ(牡4歳)が参戦。父はこの香港スプリントを連覇したロードカナロアで、調教の動きからも適性は感じさせる。しかし、香港スプリントは肉弾戦。最低でも500kgの馬格はほしいところだが、470kg台のダノンスマッシュがどこまでやれるのか。

 1番人気と目されているのは、地元の新星エセロ(せん3歳)だ。圧倒的なスピードで前哨戦も制圧。古馬の斤量が57kgなのに対し、自身は53kgというアドバンテージも大きい。560kgを超える雄大な馬格を生かし、一気に頂点を狙う。

 ただ、エセロはまだ3歳。オーストラリア産のため、日本でいえば3歳の5カ月、6カ月といったところだ。まだ揉まれ弱さもあり、古馬に本気でかかられてしまうと……という懸念もある。

 そこで台頭しそうなのが、ホットキングプローン(せん5歳)、フルオブビューティー(せん5歳)、リージェンシーレジェンド(せん4歳)の3頭だ。

 ホットキングプローンは、昨年のこのレースで圧倒的1番人気に推されたが、9着に惨敗。まさに、先ほどのエセロへの懸念と同じことが起きた。その後、セン痛の手術で戦線を離れ、復帰したのが先月。そのレースでは明らかに太め残りの馬体だったが、エセロに最後まで食い下がって力があるところを示した。ひと叩きされての上昇は確実だ。

 フルオブビューティーとリージェンシーレジェンドは、今年一気に頭角を現してきた。この2頭も前走は太め残り。きっちりと絞れた今回は注意が必要だ。

 3番目に行なわれるのが「G宜畊船泪ぅ襦兵1600m)」。こちらは連覇中のビューティージェネレーション(せん7歳)が直近2連敗と、やや勢いに衰えが見えてきた中でのレースとなった。

 日本からは、今年マイルG気鬘仮,離ぅ鵐妊チャンプ(牡4歳)を筆頭に、ペルシアンナイト(牡5歳)、アドマイヤマーズ(牡3歳)、ノームコア(牝4歳)と、4頭のマイルGI勝ち馬が遠征してきた。

 ノームコア以外の関西の3頭は揃って11月27日に到着。いずれも順調に調整が進んでおり、状態面では全く不安を感じさせない。インディチャンプは、前走は直線でぱっくりと前が空くラッキーもあったが、それでも十分に追い出しを待ってから抜け出した内容は、ここでも通用する素地を感じさせる。あえて懸念を探すとすれば、外を回すことが多いD.レーン騎手の癖が悪い形で出てしまうことだろう。

 ペルシアンナイトも調教の動きは文句ないが、昨年が5着だったように、それ以上となると厳しいのではないかと見立てられる。アドマイヤマーズも毎日のように意欲的な調教が行なわれている。隣のビューティージェネレーションにどこまで対応できるかがカギになるだろう。

 関東のノームコアは、12月4日に芝コースで素晴らしい動きを披露した。成長力のあるハービンジャー産駒。日本勢の中でも人気の盲点になるのではないかと見ている。

 地元勢で注目したいのは、カーインスター(せん4歳)とシンプリーブリリアント(せん5歳)。前者は玉砕的な逃げで、このところビューティージェネレーションを苦しめている元凶でもあり、前走ではビューティージェネレーションに外に張られながらも、最後は先着して見せた。自力で1分32秒台を叩き出せる脚力は要注目だ。


レースに向けて調整を行なうカーインスター photo by Tsuchiya Masamitsu

 シンプリーブリリアントは、勝ち切るまでは厳しいものの、これまでにG気烹臆鷭仭して4着、3着となっているように潜在能力は高い。連ヒモとして高配当に一役買ってくれそうだ。

 最後に行なわれるのが「G宜畊船ップ(芝2000m)」。8頭立てと一気に寂しくなったが、春のG汽イーンエリザベス2世C(芝2000m)を勝った、日本から出走するウインブライト(牡5歳)が注目を集めることとなった。秋2戦は奮わなかったが、そのあとは青写真どおりにきており、12月4日の追い切りも躍動感溢れるものがあった。

 ブックメーカーの人気では地元のフローレ(せん5歳)がやや抜けて、マジックワンド(牝4歳)、ライズハイ(せん5歳)、ウインブライトの順となっている。 このライズハイとマジックワンドにも注目したいのだが、穴馬ではフランスのエディザ(牝3歳)をお勧めしたい。フランス調教馬は、香港ヴァーズで相性がいいのは過去の成績から証明されているが、今回はあえてカップに矛先を向けてきたことに注目。重賞勝ちはないものの、芝コースの質が近いアメリカ遠征で勝利を挙げており、適性の高さを感じさせる。管理するロワイヨデュプレ調教師は、「タイトルもないし、まだまだこれからの馬」と謙遜するが、無欲の一発に注意したい。