映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』ユダヤの信仰に揺れる、2人の女性の赦さざれぬ愛

写真拡大

映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』が、2020年2月7日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開される。

信仰と愛のあいだに揺れて

超正統派のユダヤ社会に生まれ育った2人の女性、ロニートとエスティ。2人は互いに惹かれあっていたものの、厳格なユダヤの掟がそれを赦すはずはない。ロニートはユダヤ教指導者である父と自らの信仰を捨てて故郷を去る一方、エスティは幼なじみの男性ドヴィッドと結婚し、そのままユダヤの社会に生きることとなった。

月日は流れる。父の死をきっかけに帰郷したロニートは、エスティと運命的な再開を果たす。いまや2人には、抑えていた熱い想いが溢れる。ユダヤの信仰と赦さざれぬ愛のあいだに揺れうごく2人が、選びとる道とは......。

『ナチュラルウーマン』監督が描く、葛藤のドラマ

監督を務めるのは、トランスジェンダーの歌手を描いた映画『ナチュラルウーマン』でアカデミー賞外国語映画賞を受賞したセバスティアン・レリオ。信仰と愛の葛藤に揺れる女性のドラマを、繊細に、また時に大胆に描く。

また主演を務めるのは、『ナイロビの蜂』でアカデミー賞助演女優賞を受賞し、2018年には『女王陛下のお気に入り』 でアカデミー賞助演女優賞にノミネートしたレイチェル・ワイズ。イギリスのフェミニズム文学作家、ナオミ・オルダーマンの作品に触れたワイズが、プロデューサーとして企画段階から携わった。さらに『スポットライト 世紀のスクープ』 でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたレイチェル・マクアダムスも出演する。

詳細

『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』
公開日: 2020年2月7日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
原題:Disobedience
監督:セバスティアン・レリオ
出演:レイチェル・ワイズ、レイチェル・マクアダムス、アレッサンドロ・ニヴォラ
配給:ファントム・フィルム
2017年 / イギリス / 英語 / DCP / カラー / 114分 / PG12


[写真付きで読む]映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』ユダヤの信仰に揺れる、2人の女性の赦さざれぬ愛

外部サイト

  • ハリソン・フォード主演映画『野性の呼び声』“秘境の地”アラスカを旅する男と犬の感動アドベンチャー
  • 映画『イントゥ・ザ・スカイ』フェリシティ×エディ再タッグ、気球で人類の限界に挑む感動実話
  • 映画『ロング・ショット』シャーリーズ・セロン出演、ダメ男とスーパーウーマンの“ありえない”恋物語