公開中の映画「アナと雪の女王2」にステマ疑惑が浮上した。ステマとは「ステルスマーケティング」の略で、宣伝なのにそれを隠して、SNSなどで持ち上げる書き込み行為をいう。

発端はツイッターに3日(2019年12月)午後7時からわずか3分間に、7人のクリエーターがこの映画を称賛する漫画入りの投稿したことだった。いずれも「#アナ雪2と未知の旅へ」、「#アナと雪の女王2」とハッシュタグが付けられていたことから、ステマと疑われた。

この炎上に対し、7人のクリエーターが翌4日に謝罪文を投稿したが、謝罪内容がこれまた共通していたため、「誰かが指示して書かせたのだろう」と批判が増幅した。

ディズニー・ジャパンは5日なって、公式ホームページで「『感想漫画企画』に関するお詫び」と題し、コミュニケーション不足で「#広告」のハッシュタグをつけ落したと謝罪した。やはり、広告だったのだ。

アメリカでは「宣伝」と明示しないと違法

ITジャーナリストの三上洋氏は「アメリカではステマに対する罰則があり、宣伝を意味する『#PR』を付けるのが当たり前になっています。罰則がない日本との認識の差があったのでは」と話している。

司会の小倉智昭「ネットを使って、宣伝なのか、感想なのか分からない程度のものでも、『いいね』というのが出ている。それと同じなんじゃないですか」