イメージ

株式会社NTTドコモとソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式は、スマートフォンをかざさなくても決済などを行える「おサイフケータイのタッチレス対応」の実用化に向けた実証実験を12月10日から開始すると発表した。期間は2020年1月末(予定)。

本実証実験は、高精度な測距技術の一つであるUWB(Ultra Wide Band)や従来からスマートフォンに搭載されているBluetoothなどの無線通信規格と、キャッシュレス決済等で利用されるソニーのFeliCa技術方式を組み合わせた技術で試行される。

スマートフォンはかばんやポケットの中にしまったままでも、レジ前などの支払いエリアに入ればかざさないでも決済ができたり、ドライブスルーでの支払い時に離れた場所からでもアプリ操作によって決済完了したりできるようになる。

また、決済以外にも、「スマートフォンを使った『デジタルキー』での車の開錠/施錠」「デジタルサイネージからの『広告・クーポン配信』」といった使用事例も想定している。

発表資料
URL:https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201912/19-1205/
2019/12/06