道路脇に溜まるゴミ。場所によってはトラックでしか届かないところに置かれたゴミも

写真拡大

「トラックドライバーが一般ドライバーに知っておいてほしい“トラックの裏事情”」をテーマに紹介している本シリーズ。

 前々回と前回は、「運送業界の働き方改革とドライバーの給与形態」について紹介したが、今後は不定期に「トラックドライバーによるマナー違反」についていくつか考えていきたい。
 今回は、その中でも特に指摘の多い「ポイ捨て」について述べていこう。

◆業界内部も頭を悩ませているドライバーの「ポイ捨て」

 トラックの事情をドライバー目線で紹介すると、毎度必ずといっていいほど聞こえてくるのが、世間からの「トラックドライバーはマナーが悪い」という声だ。

「路上駐車」や「エンジンの掛けっぱなし」、「ハンドルへの足上げ」など、トラックの裏事情を知らない一般車や歩行者からは、「交通ルールも守れないのか」、「これだからトラックは」などと、否応なく後ろ指を指されてしまう。

 そのため、こうしたトラックドライバーのマナー違反に対しては、これまで元ドライバーとして、彼らがそうせざるを得ない理由、そして「迷惑をかけて申し訳ないし、決して褒められた行為ではないが、好きでマナー違反をしているわけではない」という心情を、できる限り丁寧に説明してきたつもりだ。

 しかしその一方、守れるマナーをも守らないトラックドライバーが存在しているのも事実。
 中でも、同業者ですら頭を悩ませているのが、「ポイ捨て」である。

◆なぜ「ポイ捨て」するのか?

 クルマからのポイ捨ては、ドライバーに「車内は汚したくない」というワガママ心と、「すでにゴミがポイ捨てされてあるから、どのみち誰かが掃除するだろう」という割れ窓理論の心理が合わさると、トラックだけでなく、乗っている車種問わず、さほど罪悪感なく行われてしまう。

 そのため、「トラックドライバー=ポイ捨ての犯人」と世間から決めつけられると、やはり「それは違うだろう」と鼻の穴膨らまし反論したくなるのだが、こうした思いとは裏腹に、トラックドライバーによるポイ捨てが数多く行われているのは間違いなく、潔癖の元ドライバーとしてはプライドが許さないところで、近い将来なんとしてでもこのイメージを払拭したいと思っているところだ。

 大げさに言ってしまえば「トラックのマナー改善」においては、現在こうしてトラック関連を書くうえでの1つのゴールとして位置付けている課題だったりもする。

◆トラックドライバーはゴミマナー意識が一般ドライバーより悪いのか?

 では実のところトラックドライバーは、一般ドライバーと比べてゴミに対するマナー意識が飛びぬけて悪いのかと言ったら、やはりそんなことはない。

 実際に今回、現役トラックドライバーに「同業者に感じるマナー違反にはどんなものがあるか」というアンケートをTwitterで行ったところ、大変多くのドライバーが「ポイ捨て」を挙げ、「同業者として情けない」、「一緒にされることに憤りを覚える」といった声を聞かせてくれた。

 また、正義感の強い彼らの中には、普段から「ポイ捨てしているドライバーがいた」と筆者に報告してくれる人や、画像や動画を拡散して「プロではない」「恥さらし」と怒りをあらわにする人が驚くほどたくさんいる。

 ゆえに、「トラックドライバー=ポイ捨てする」という固定観念を世間から持たれるのは、やはり本意ではないのだ。

 にも関わらず、どうしてトラックドライバーは、とりわけ強いポイ捨ての印象を持たれるのか。

 それには第一に、彼らが絶対的に「道路上や車中にいる時間」が一般ドライバーよりはるかに長いため、「ポイ捨てする機会」も必然的に増えるという現状がベースにある。