もっと甘えてよ♡男が喜ぶ女性の「かまって仕草」4つ

写真拡大

男性は甘え上手な女性が大好き。内心「もっと甘えてよ」と思っていることも少なくありません。そこでここでは男性が喜ぶ女性の「かまって仕草」を4つご紹介。男性のツボを押さえた甘え方で、虜にしてしまいましょう。

(1)ワンクッション入れる

『ちょっと遠慮がちにおねだりしてくる様子が可愛い』(27歳/商社)男性に甘える時、先に「1つだけお願いがあるの」「ほんのちょっとワガママ言ってもいい?」とクッションになる言葉を入れましょう。これを聞いた男性は「いったいどんな話なんだろう?」と関心を示します。そしてワンクッション入れた後に「ギュッとして?」「キスして?」など、難易度の低いおねだりを伝えるのです。覚悟した状態での思わぬ甘えん坊に、可愛いと思ってしまうはず。

(2)褒めてからおねだり

『褒められるとやっぱり気分がよくなるから、おねだりも聞いてあげたくなっちゃいます』(26歳/広告)「〇〇君、すごく頭良くて尊敬してるから、一緒に勉強教えてほしいな?」「〇〇君の声、とっても綺麗だから電話したいな?」このように男性の長所を褒めたうえで、関連したお願いをすると効果的。褒められて気分良くなったところで、さらに甘えてくれる……。男性からしてみると、この上ないご褒美といえます。

(3)腕をギュッと抱きしめる

『腕にギュッと抱き着いてくる彼女が可愛くて、優しくしてあげたくなる』(27歳/建築)デート中、一緒に歩いている時にふと「甘えたい」と思うこともありますよね。そんな時は言葉に出すわけでもなく、彼の腕をギュッと抱きしめるのがオススメ。ギュッとされた彼は「どうしたの?」と気にするでしょう。そうしたら上目遣いや甘えたさそうな表情を向けて、遠回しに愛情を伝えましょう。

(4)ストレートに

『ストレートに甘えられるとキュンとする』(29歳/証券)素直に甘えたい気持ちを表現するのは、ちょっぴり恥ずかしいとともに、断られる恐怖を伴うことも。でも男性はストレートな愛情にビビッと来ます。頑張って「ねぇ、甘えてもいい?」「ねぇ、ギュッとしてほしいな?」と伝えてみましょう。彼が応えてくれた時には、必ず満面の笑みでお礼を言うことが大切。彼女の喜ぶ顔見たさに、何度でも甘えさせたくなっちゃいます。甘え慣れていないと「どうすれないいのかな?」と戸惑ってしまうことも。でも「上手に甘えること」よりも「自分の中の愛情を伝えること」を重視するべきです。彼女からの愛情を感じて嬉しくない男性はいないはず。甘えても大丈夫そうなタイミングには、とことん甘えてみましょう。(恋愛jp編集部)