12月8日、阪神競馬場で2歳牝馬によるG戯綽瀬献絅戰淵ぅ襯侫リーズ(芝1600m)が行なわれる。

 このレースは以前、「阪神3歳S」の名称で行なわれていたが、1991年に牝馬限定戦となり、それから数えること29回目。今回参照するデータは、牝馬限定となってからの28回のものとなる。

 過去の勝ち馬の父馬を見ると、サンデーサイレンスとディープインパクトが3勝ずつで並ぶ。ただ、内訳はサンデーサイレンスの27頭に対し、ディープインパクトは17頭。勝率は17.6%と、サンデーサイレンス(11.1%)を大きく上回っている。

 今年、このレースに登録してきたディープインパクト産駒はリアアメリア(牝2歳/栗東・中内田充正厩舎)1頭。重賞勝ちを含む2戦2勝と、断然人気が予想される存在だ。


前走のアルテミスSで重賞初勝利を飾ったリアアメリア

 リアアメリアは何しろレース内容が圧巻。新馬戦(阪神/芝1600m)は大きく出遅れながら(川田将雅騎手によると、わざと出遅れさせた)、馬なりで徐々に進出。直線に入ってもムチどころかほとんど追うまでもなく、あっという間に後続を8馬身突き放す圧勝だった。

それから約5カ月ぶりとなった、前走のG轡▲襯謄潺坑咫陛豕/芝1600m)はプラス20キロと、大きく成長して登場した。この日もスタートは遅めで、道中は後方を追走。やや行きたがる面も見せたが、直線で大外に追い出されると、力強い伸び脚を見せて鮮やかに差し切った。

 着差は3/4馬身とそれほど大きくはなかったが、上がり3Fは33秒0という優秀な数字だった。デビュー2戦の大物感溢れる走りに、関係者の評価も極めて高く、アーモンドアイに続く”牝馬のスターホース”と期待もかけられている。今回は注目の一戦になりそうだ。

 リアアメリアは血統も優秀だ。母リアアントニアは、2013年の米GBCジュヴェナイルフィリーズ(ダート8.5F)の勝ち馬。このレースは2位入線からの繰り上げだったが、翌年の米G汽汽鵐織▲縫織ークス(ダート8.5F)、米G汽好團鵐好拭治咫淵澄璽硲坑董砲任癸加紊貌る実力馬だった。

 阪神ジュベナイルフィリーズの近年の勝ち馬は、昨年のダノンファンタジー(父ディープインパクト)の母ライフフォーセールがアルゼンチンGI馬、一昨年の勝ち馬ラッキーライラック(父オルフェーヴル)の母ライラックスアンドレースが米G鞠蓮2016年の勝ち馬ソウルスターリング(父フランケル)の母スタセリタもG喫オークスなどG毅蕎,量礁討如◆嵎譴G鞠蓮廚箸いξ彪貲呂3年連続して勝利している。

 過去のレースを振り返っても、1995年の勝ち馬ビワハイジが、母としても2011年のジョワドヴィーヴル、2008年のブエナビスタと2頭の勝ち馬を出すなど、「良血馬が強いレース」とも言えるのだ。無傷の3連勝でのニューヒロイン誕生を期待したい。

 もう1頭、穴馬として挙げたいのがクリスティ(牝2歳/栗東・杉山晴紀厩舎)。ディープインパクトの後継種牡馬キズナの初年度産駒で、母の父はクロフネ。このレースではここ2年、昨年のクロノジェネシス(父バゴ)、一昨年のリリーノーブル(父ルーラーシップ)と、クロフネを母の父に持つ馬が2年連続で2着に入っている。

 そのほかにも、クロフネ直仔は昨年3着のビーチサンバ、2012年2着のクロフネサプライズ、2010年2着のホエールキャプチャ、2009年3着のベストクルーズと好走が多い。ディープインパクトの直系ということも併せ、このレースと関連性の深い血統と言える。 以上、今年の阪神ジュベナイルフィリーズは、リアアメリアとクリスティに注目したい。