乱闘ならぬ「ニャン闘」――。

路上でキャットファイトが勃発。撮影者を気にもせず2匹の猫が攻防を繰り広げる動画が、ツイッターで注目を集めている。

その一部始終をご確認いただきたい。

こちらは、ツイッターユーザーで、「コミックガンマ」(竹書房)などで「里見☆八犬伝REBOOT」を連載中の漫画家・よしむらなつき(@natsuki)さんの投稿だ。4日に路上で見かけ撮影したという動画を「未成年の乱闘事件を目撃しました」表現するセンス。リプライ(返信)欄には、「青春ですな(?)」との声も寄せられている。約11秒の攻防だ。


よしむらなつき(@natsuki)さんの投稿から(画像は編集部加工)

目に飛び込んでくるのは、お互いの手と足でペチペチ乱闘中の猫2匹(1)。

互いに攻防繰り返すものの、左の黒猫がスキを突き、右側の猫の股間をまさぐる(2)。

両者性別は不明だが、反則気味の技...。ところが気が緩んでしまったのか、一転攻勢。お腹の白い部分が見えてしまう。瞬く間に体がぐるりと回転させられてしまったのだ(3)。

あっけにとられた黒猫は逃げようとするが...(4)。動画最後で再び攻撃をくらい、画面外で乱闘を続ける気のようで...。

その後どうなったのか定かではないが、リプライ欄には、

「『おまえ強いな!』『お前もな!』そして、友情の毛づくろいへ」
「これは犬のお巡りさんに通報しないと・・・!」

と妄想する人や「ニャン闘」「これぞまさしくキャッツファイトだな」などと表現する人まで。

猫の世界でも「乱闘事件」はあるようだ。