母校で弔意の半旗を掲揚 銃撃で死亡の中村医師

写真拡大

 中村哲医師(73)の地元・福岡市の母校では、驚きと悲しみの声が聞かれました。

 中村さんが卒業した福岡市博多区の福岡高校では5日朝、弔意を表す半旗が掲揚されました。中村さんは去年6月に母校で講演会を行い、アフガニスタンでの自身の活動を紹介していました。また、中村さんの死を悼み、全校生徒で黙祷(もくとう)も捧げました。福岡高校では4日夕方、図書室に中村さんの足跡を紹介するコーナーを急きょ設けています。