【男性心理♡】彼の「手の仕草で分かるあなたへの脈アリ度」4つ

写真拡大

意中の男性の本心が知りたいという女性は多いのではないでしょうか。男性心理は手の仕草から読み取ることができることをご存知ですか?そこで、彼の「手の仕草で分かるあなたへの脈アリ度」を4つご紹介します。

(1)口を手で覆う

『つい鼻の下に手を置いちゃうんですよね』(25歳/企画)口を手で覆いながら話す男性は、相手に好意があるからこそ緊張している場合が多くみられます。好意があるということが表情から読み取られるのではないかと思い、無意識で顔を隠したい心理が働くことから、口を手で覆うことにつながります。そんな仕草をする男性がいたら、あなたに好意があると思っていいでしょう。

(2)手を振る

『視界に入ったとき嬉しすぎて手ふってた!』(28歳/販売)手を振るという行為は、親近感を持っているということの現れでもあります。待ち合わせ場所から手を振ったり、別れ際に手を振るなどの仕草は、それだけあなたに親近感がある証拠と言えます。そんな仕草がみられたら、好意がある可能性が高いようです。そのため、普段から手を振る仕草があるかどうかをチェックするよう心がけましょう。

(3)手のひらを見せる

『あんまり親しくない人には掌どころか手自体をあんまりみせないかも』(31歳/製造)男性の多くは他人になかなか手のひらを見せたがらない傾向にあります。相手に対して警戒心がある場合、無意識のうちに相手に手のひらを見せないようにすることも。そのため、男性心理を探るには手のひらを見せてくれるかどうかをさりげなくチェックすることで、本心を見極めてみてはいかがでしょうか。

(4)頭を撫でる

『かわいいなって思ったときに無意識でよしよししちゃってた』(25歳/コンサル)男性は好意がある女性のことを、無意識のうちに愛でる仕草をすることがあります。特に、頭を撫でるという仕草は愛情表現していることと同じ意味があるんです。そのため、男性に頭を撫でられたら相手に好意があることが期待できるよう。気になる彼の「手の仕草で分かるあなたへの脈アリ度」を知ることで、彼の本心を見極めてみてはいかがでしょうか。(恋愛jp編集部)