ノーベル賞授賞式に出席するため、ストックホルムへ向け出発する旭化成名誉フェローの吉野彰氏(右)と妻久美子さん=5日午前、成田空港

 今年のノーベル化学賞を受賞する旭化成の吉野彰名誉フェロー(71)が5日、授賞式が開かれるスウェーデンのストックホルムに向け成田空港を出発した。吉野さんは搭乗前に空港内で記者会見し「(記念講演で)環境問題に対してこういう道筋があるというメッセージを送りたい」と心境を語った。

 妻の久美子さん(71)と会見した吉野さんは「研究が成功し、製品が世に出て、世界が変わる。その先に今回の受賞がある。研究開発のフルコースの終着点の気がする」と喜びを表現。久美子さんは「まだまだ先だと思っていたがあっという間にこの日を迎えた」と話した。