新名神・亀山西JCTのランプウェーのイメージ図

写真拡大

 三重県亀山市の新名神高速道路亀山西ジャンクション(JCT)に、並行する東名阪自動車道と相互乗り入れができるランプウェーが12月21日に完成する。

 全国的にも珍しいループ状の構造で、中日本高速道路はドライバーがうっかり進路を間違えないように注意を呼びかける。

 ランプウェーによって、名古屋市と三重県伊勢市の両方面に新名神を経由して行き来できるようになる。ぐるりとUターンするようになっており、名古屋方面から伊勢方面に向かう場合、新名神の本線からランプウェーに入り、反対側の本線にいったん合流。そのまま車線変更せず、伊勢方面に分岐するランプウェーに再び入る。間違えると名古屋方面に戻ってしまうので注意が必要だ。

 新名神は今年3月に新四日市―亀山西の両JCT間が開通した。東名阪道とつながることで、今後は事故や災害で通行止めになった時の迂回(うかい)路になるほか、三重県内の観光活性化も期待されている。開通は21日午前7時の予定。(佐藤英彬)