左からメッシ、ムバッペ、アザール、サラー、マネ【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

10位に韓国代表FWソン・フンミンが選出、3位にレアル移籍のFWアザール

 英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」が世界最高のFWトップ10を発表。

 世界屈指のアタッカー陣が並んだ。

 今回のランキングの対象となっているのは「サイドアタッカー」と「セカンドトップ」のみ。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)やイングランド代表FWハリー・ケイン(トットナム)、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス(バルセロナ)らセンターフォワードを務める選手は除外されている。

 10位には韓国代表FWソン・フンミン(トットナム)がアジア人選手として唯一の選出。また、新天地のバルセロナではまだ思うようにプレーできていないものの、誰もが実力を認めるフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは7位に入っている。

 その一方、昨季にリバプールのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇に貢献し、アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンらと並んでプレミアリーグの得点王に輝いたセネガル代表FWサディオ・マネが6位にランクインした。

 上位の顔ぶれはいずれも傑出した個の力を持つ。3位に入ったのはレアル・マドリードのベルギー代表FWエデン・アザールだ。チェルシー時代に絶対的エースだったアザールは、2018-19シーズンのプレミアトップ4フィニッシュとUEFAヨーロッパリーグ(EL)優勝に大きく貢献。公式戦21ゴール17アシストの成績を収めチェルシーのレジェンドとしての地位を確立するとともに、自身の夢でもあったレアル移籍を実現させた。

2位は急成長中の神童FW、「史上最高」の称号にふさわしいのは…

 2位に選出されたのは20歳の神童、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペだ。

 2018年にはすでに広く名前の知られていたムバッペだが、特にここ2年間は目覚ましい成長ぶりを見せている。PSG加入1年目で13ゴールを記録しリーグ・アン制覇を果たすと、昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)では、ベスト16のアルゼンチン戦(4-3)で決勝点を含む2ゴールを挙げるなどし、計4得点でフランスの世界一に貢献。さらに2年目の昨季はリーグ戦33ゴールのエース級の活躍でチームを連覇に導いた。

 そして、映えあるナンバーワンに輝いたのは、フランス誌「フランス・フットボール」が選出する2019年の最優秀選手賞「バロンドール」を史上最多6度目の受賞となったバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだ。

 同誌は「間違いなく世界最高のパサー、ドリブラー、クリエイター、そして、フィニッシャーでもある同選手の他に誰がふさわしいだろうか?」とコメント。得点力とアシスト力、試合のテンポをコントロールする力を兼ね備えており、も4回のCL制覇を経験している。アルゼンチン代表では“世界一”の称号を手にできてはいないが、それでもメッシが「史上最高の選手」であることに異論を唱える人は少ないだろう。

【一覧リスト】英誌が選ぶ「世界最高のFWトップ10」

 以下、英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」が選ぶ世界最高のFWトップ10は以下のとおり。

1位 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)
2位 フランス代表FWキリアン・ムバッペ(PSG)
3位 ベルギー代表FWエデン・アザール(レアル・マドリード)
4位 エジプト代表FWモハメド・サラー(リバプール)
5位 イングランド代表FWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)
6位 セネガル代表FWサディオ・マネ(リバプール)
7位 フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ)
8位 ブラジル代表FWネイマール(PSG)
9位 イングランド代表MFジェイドン・サンチョ(ドルトムント)
10位 韓国代表FWソン・フンミン(トットナム)(Football ZONE web編集部)