“唯一の市長”を自慢(前田下関市長)/(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 選挙の論功行賞や安倍派市長限定の特別な招待――。「桜を見る会」をめぐって、安倍首相の地元・山口県下関市は異様な空気に包まれていた。野党などの現地調査で、私物化の実態がさらに浮き彫りになった。

また私物化疑惑…安倍首相「等身大パネル」選挙区内に設置

 ◇  ◇  ◇

 野党でつくる「『桜を見る会』追及本部」の視察団は今月1日、2日、現地で会の参加者や県議・市議などに聞き取り調査を行った。見えてきたのは露骨な論功行賞だ。

 保守分裂となった2017年3月の下関市長選で、安倍首相の秘書を7年半務めた市議の前田晋太郎現市長が、安倍のライバル・林芳正元文科相の推す現職市長を破った。

 その後、「桜を見る会」の自民枠の招待風景が一変。安倍派議員には、招待状が送られ「コピーしてどんどん使ってください」と大盤振る舞いなのに、林派議員に案内は来なくなった。分かりやすい“ご褒美と冷や飯”である。野党の聞き取りに、自民枠での参加者すら「安倍総理の選挙利用だ」と漏らしたという。

 前田市長は、桜を見る会に下関からの参加者が多いことについて、「地元の方々が喜んでもらうことが悪いのですかね」と首相の地元優遇を平然と擁護した人物。自身も市議時代4回、市長になって3回参加した常連だ。

 現地で取材するジャーナリストの横田一氏が2日、前田市長を直撃すると耳を疑う答えが返ってきたという。

 市議時代の参加について、「私は(安倍首相の)元秘書ですから」「元秘書の市議は私しかいないでしょう」と“特権意識”丸出しだ。

 さらに、今年の招待状は「下関市長」宛てで市役所に届いている。市長が招待されるのは異例。今年の開催要項によると、招待範囲には「都道府県知事の一部」とあるが、「市町村長」はない。1700を超える市町村の首長を招待しはじめたら、キリがないからだろう。

 なぜ下関市長だけ招待されるのか――。横田氏がこの点を問うと、前田市長はこう言ってのけた。

「(安倍首相の)選挙区が地元(下関市)だからありうるのではないか」

「唯一の存在じゃないですか。私とか(安倍家のお墓がある)長門市長とかは(招待の)対象ではないですか」

 私物化は当然という呆れた態度なのである。横田一氏が言う。

「前田市長は自分の特権を自慢し、悪びれた様子はありませんでした。下関では、各界における『功労・功績』とは安倍首相への貢献を意味しています。17年の下関市長選は、2期続いた林派から市長の座を奪還した特別なもの。選挙後の昨年、今年と会の参加者が右肩上がりで増えたのも、市長選の“功労者”を次々と招待したからでしょう。選挙後にねぎらうのも立派な買収です」

 招待者名簿を廃棄したと言い張るのも買収隠しのためか。ますます名簿が重要証拠になってきた。