イラン国籍の51歳の男を逮捕 元妻を殺害した疑い

写真拡大

 さいたま市岩槻区の公園でイラン人の50歳の女性の首をナイフで切って殺害したとして、元夫の51歳の男が逮捕されました。

 イラン人のナセリ・ビジャン容疑者は、岩槻区の公園で元妻のシャヒーン・プール・ホセイン・タヘレさんの首を果物ナイフで切り、殺害した疑いが持たれています。タヘレさんは公園の植え込みの中から見つかりました。警察によりますと、タヘレさんが元夫からの暴力を警察に相談していたことからビジャン容疑者を特定し、東京・豊島区の駐車場で見つけて事情を聴いていました。ビジャン容疑者は「元妻が騒いで暴れたから刺した。殺すつもりはなかった」と供述しています。