誰だって、愛され続ける彼女でいたいと思うもの……。

その反面、どうやったら愛され彼女になれるのか、悩む女子も多いかもしれません。

そこで今回は、今日から実行できる、愛され彼女の作り方をご紹介。

紐解いていくと、そう難しいことではなさそうです。

感謝の気持ちを忘れない

付き合っていると、彼のしてくれることが「当たり前」になってしまい、感謝が薄れてしまいがちです。

1年以上付き合っているのに、「電話してくれてありがとう」という友人を見て、筆者はおののいたことが……(笑)。

長続きしている子たちは、こうやって「ありがとう」と言葉にするのが、上手なのかもしれません。

ちなみに「ありがとう」と言葉にすれば、それだけで彼の承認欲求を満たすことにもつながります。

また、穏やかな気持ちも愛され要素のひとつ。

彼だけでなく、周囲や環境などに感謝の気持ちを持つことも大切です。

「職場環境があって感謝」「親が優しいことに感謝」。

日々こういった感謝癖をつければ、心の器も大きくなりますし、些細なことでイライラすることも少なくなるように思うのです。

素直でいる

感情がわかりにくい女性よりも、素直で表裏のない女性のほうがモテます。

男性は、察することが苦手な生き物。

素直でなにを考えているのかわかりやすい女性のほうが、ほっと安心できるのです。

感情表現が苦手な人は、まずは「嬉しい」「楽しい」といったプラスな感情を言葉に出してみてください。

それだけでも、素直な可愛さが増します。

いい彼女でいようとするよりも、ありのままの自分でいようとリラックスするほうが、素直な気持ちで彼に接することができるはずですよ。

「自分ルール」を押し付けない

価値観は人それぞれ。

だからこそ、「普通〇〇でしょ!」と自分にとっての当たり前を押し付けてしまうことが、愛情の冷めるきっかけになることも……。

筆者自身、彼と価値観や生活習慣が違い過ぎて、自分の当たり前を押し付けた結果、険悪になったことがあります。

その経験から、生活習慣をお互い無理に合わせるのではなく、違う部分は各々のルールで過ごすほうが、楽しく付き合えるんだなと気付きました。

「前の彼はみんな○○だったのに!」まさにこれは、自分ルールの押し付けです。

自分ルールに、固執しないこと。

きっとこれを意識するだけでも、「一緒にいて居心地がいい彼女」につながるはずですよ。

恋愛以外の時間も大切にする

愛されるためには、適度に彼と離れる時間も大切です。

男性は自由な時間、ひとりの時間を大切にしたい生きもの。

恋愛以外の時間を大切にすることは、恋愛依存にならないだけではなく、彼に自由な時間を与えることにもつながります。

ひとりでほっと一息つける時間を作ってあげれば、彼も不満を感じにくく、恋愛を負担に感じにくくなるでしょう。

「恋愛は楽しいもの」。

こう思わせることも、長続きの秘訣です。

おわりに

ときにはちょっとしたことが、愛が冷めるきっかけになってしまうことも……。

しかし、逆に見方を変えれば、ちょっとした意識や行動によって愛情は長続きするということです。

自身で優しい人をイメージしながら、それに近づけるよう意識してみませんか?

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)