提供:週刊実話

写真拡大

 先頃、AKB48の元メンバーでタレントの倉持明日香と、ラグビーW杯日本代表・稲垣啓太選手(パナソニック)との熱愛が、スポーツ紙で報じられた。

 コワモテで、試合中も取材でも表情を崩さない「笑わない男」と、元アイドルという異色のカップルながら、顔相的にはおおむね好相性。男女の顔相は相補的なのが吉で、彼女が大口で「肝っ玉母さん」タイプなのに対し、稲垣選手が男性にしては小口で、細やかな気遣いでバランスを取る。眉間は、彼女が狭く、神経質で閉鎖的な心性なのに対し、稲垣選手は広く、オープンマインドだ。

 与える愛が現れる上唇が彼女は薄く、稲垣選手は厚めで、性愛面では甘えん坊でわがままに振る舞いがちな彼女を、稲垣選手が心広く受け止める形だ。

 一方、ともに頬骨が大きく張っており、忍耐力はあるも意地っ張りで、本格的に衝突するとどちらも譲らないため、一気に危機を迎える可能性がある。

 父が元プロ野球選手の倉持明投手で、心身ともに父親譲りのタフさをもつ彼女。アゴの骨格、歯列のアーチともに大きく、金甲(小鼻)の張りもよく、【スタミナ度】は満点の「5」。ベッドに上がれば回数をこなすセックスになる。

 半月形の眼形は、性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)が上方向に発達した相で性感良好。以前は渇き気味だった眼光が、今はほどよく水気を帯び、エロスのポテンシャルもUPしており、【官能度】は「4」寄りの「3」。

 鼻の肉付きがよく、鼻頭にも丸みがあり、気取らないガチンコセックスで、求める愛・受動愛の下唇がぽってりと厚いので、(特に稲垣選手のようなタフな相手とは)濃厚な性生活を楽しめる。

 後天的名器度を示す口元の肉付きと締まりが平凡ながら、先天的名器度が現れる風門(耳穴の下の溝)が細くて狭い名器相で、狭い眉間もプラス要素。トータルで観て、【名器度】は「4」。

 彼女は正面から鼻孔が覗かず、その鼻孔も小さく、財布のヒモを離さないしっかり者の奥さんの相だが、前述のように眉間と田宅(上瞼)が狭い険相で、眉もやや上がり眉ときて、神経質・頑固・短気と、癒やし系の女相ではない。

【良妻度】としてはマイナスのほうが多く、「2」と低くなった。

 半月形の眼は、モテ要素ではあるものの、険相が足を引っ張り、男縁はあまり多くない。【モテ度】としては「3」寄りの「2」と低めだ。

 下瞼のラインが目尻で上がり気味なところと、張りのよい金甲があげまん要素。強い眉相がマイナスも、【あげまん度】は「2」寄りの「3」で、現代女性では高め。眉をもっと弓なりに作れば、【あげまん度】だけでなく【良妻度】もUPする。

***********************************
【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。