貧乏くさい女だな…。男性からのNGが連発してしまう「下品コーデ」4選

写真拡大

品の良さは、言葉や行動、そして見た目やファッションに表れます。そこで「下品」の烙印を押されたら最後、気になる彼の本命になることは難しくなります。それは大変もったいないことです。男性が下品だと思うファッションを知り、対策していきましょう。

(1)プチプラ一色

今や主流になりつつあるプチプラアイテムは、誰もが一着は持っているのではないでしょうか?ただ、プチプラアイテムで全身コーデするのは考えもの。プチプライス、という名の通り、価格が安いのが魅力なのですが、素材もそれなり。安っぽさが透けて見えるのです。一点だけ取り入れる、小物はしっかりしたものを使うなど、安見えしない工夫を凝らす必要があります。

(2)髪の毛がプリン状態

髪の毛を明るく染めている方は要注意。根元が伸びて、プリン状態になっていませんか?髪は女の命、と言いますが、髪への評価は女性以上に厳しいのが男性たち。プリンだけでなく、パサパサの髪や寝癖にも気をつけないと「だらしないな」と幻滅されてしまいます。

(3)露出が激しい

モテを意識して過度に肌見せをするのは大間違いです。谷間が見える、スカートが短すぎる、肩出しやへそ出しをしている…などガッツリした露出は目のやり場に困ります。本命から外される可能性大の露出過剰ファッションは封印すべきでしょう。

(4)下着がチラ見え

ブラの紐が肩からはみ出たり、下着が透けて見える薄い服もアウトです。下着は本来隠すべきもの。それを堂々と見せていることに神経を疑われかねません。露出ファッション同様、下着見せも下品な印象を与えますので、服装にはそれなりの対策をしましょう。自分自身への投資やケアを怠っている姿や、過剰な肌見せを、男性はよく見ています。そしてそれらは、良いイメージに繋がることはありません。上品な女性に近づけるよう、外見はしっかりケアし、言葉遣いや行動にも気をつけましょう。(恋愛jp編集部)