そのメイク、逆効果!いつもより小さい目に見える「NGアイメイク」

写真拡大

NGなアイメイクを知っているでしょうか?
可愛いと思ってしたメイクも、実は間違っている可能性があります。
今回は、そんなNGアイメイクの全てをご紹介します。

(1)ダークカラーで囲みアイメイクは注意


ダークカラーのアイシャドウやアイライナーを使ったメイクをする方も多いでしょう。
しかし、このメイクにはかなり注意が必要なんです。

実はダークカラーを使って目を囲むようなメイクをすると、目が小さく見えてしまいます。
下まぶたにアイシャドウやアイライナーを使う場合、淡い色合いを使いましょう。
こうすることで、肌馴染みがよくなり、自然な抜け感が出るメイクになります。

(2)アイラインを太く入れてしまう


気合を入れて、アイラインを太く入れる方が多いようです。
これは、目力がアップすると思いがちなのですが、実は正反対。
実は、このようなメイクをすると、目を小さく見せてしまうのです。

アイラインを引く場合、睫毛の隙間を埋めるようにメイクしましょう。
ポイントは、二重幅の3分の1以下の太さで引くことです。

(3)ダークカラーのアイシャドウを多用する


ダークカラーのアイシャドウを広範囲に使うメイクも、実は注意が必要。
このようなメイクをすると、目を小さく見せてしまいます。
アイホールに使うアイシャドウは、全体的に明るい色にしましょう。

どうしてもダークカラーを使う場合は、締めの色として、控えめに使うと吉。
二重幅の半分程度に抑えれば、しっかりとした可愛いメイクが完成します。

(4)睫毛がしっかりと上がっていない


睫毛がしっかりと上がっていない、中途半端なメイクになっていませんか?
実は、睫毛がしっかり上がっていないと、目が小さく見えてしまうんです。
ビューラーを使って、しっかりと睫毛を上げてから、マスカラを使うようにしましょう。

但し、やり過ぎは厳禁です。
ビューラーを使う場合は、自然なカーブを描くように心がけ、丁寧にメイクしましょう。

いかがでしょうか?
今回はやってしまいがちな、NGアイメイクを紹介しました。
残念なメイクにならないように、常日頃から気を配ったメイクを心がけましょう。

(liBae編集部)