ジャマイカ戦の先発予想。シャドーは海外組の安部と前田か。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

 日本サッカー協会は12月4日、キリンチャレンジカップのジャマイカ戦(12月28日)に臨むU-22代表のメンバーを発表した。

 現時点でリストに挙がっているのは19名。関塚隆技術委員長は「Jリーグが終了あるいは、それからの期間で招集できる選手で23人を決めたい。後日発表します」と追加招集を明言している。J1参入プレーオフや天皇杯の行方で多少の変更はあるが、ひとまずは現メンバーでジャマイカ戦の先発を予想していきたい。

 システムはこれまでと変わらず3−4−2−1が主戦となるだろう。GKでは、正守護神候補の大迫敬介、小島亨介がE-1選手権(12月10日〜18日)に招集された影響で、このジャマイカ戦は不在。となると、10月のブラジル遠征に続き、11月の活動にも参加した谷晃生の先発が濃厚だ。ただし、なかなか招集機会のないヨーロッパ組、山口瑠偉と小久保玲央ブライアンが抜擢される可能性もある。

 3バックも11月から引き続き招集されたメンバーでの構成となるのではないか。右は岩田智輝、左に瀬古歩夢だ。ただし、例えば残留争いの真っ只中にいる鳥栖の原輝綺や鹿島の町田浩樹などが入ってくれば変更もあり得る。

 注目点のひとつは、コロンビア戦ではボランチだった中山雄太の起用法。今回はDF登録のため、森保一監督はリベロでの起用を考えているともとれる。
 中山を最終ラインに置くと考えると、ボランチは高宇洋と松本泰志だろう。現在では他にボランチに対応する選手がいないため、ほぼ間違いない。しかし、ここも湘南の齊藤未月などが追加でメンバー入りすれば、読めなくなる。

 同様に現時点では長沼洋一と菅大輝以外に候補がいないウイングバックも、湘南の杉岡大暉が追加招集されるかもしれない。

 一方でシャドーの候補者は三笘薫、旗手怜央、岩崎悠人、安部裕葵、東俊希、前田大然と豊富。なかでもバルセロナBの安部、マリティモの前田という海外組が有力だろう。

 前田や旗手はCFも担うが、ここでは今季J2で17得点とブレイクして初招集を受けた一美和成と見る。A代表の大迫勇也に近いプレースタイルで、その上質なポストワークや思い切りの良いシュートは、1トップを任されている京都で実証済み。“ポスト大迫”とも言えるストライカーが、その持ち味を代表でも披露してくれそうだ。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)