ロンドンブーツ1号2号・田村淳

写真拡大

 12月3日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)では、人気芸人の母子共演企画が放送された。元キャバ嬢の宮下草薙・宮下兼史鷹の母が登場したほか、ジャングルポケットの斉藤慎二が元教師の母親の前で「全裸監督」村西とおるキャラを出し、笑いを誘っていた。だが、もっともネットの注目集めたのは、今年のブレーク芸人の代表格である納言の薄幸だろう。

 薄と言えば、ヘビースモーカーに大酒飲みといった「破天荒キャラ」が知られるが、親からはきちっとしつけられたようで、SNSなどで食事の場面できちんとランチョンマットを敷く様子などが指摘された。さらに、ロンドンブーツ1号2号の田村淳からも「ママの前だからやさぐれが弱いね。股の開きが浅め」とツッコまれ、笑いを誘っていた。これには、ネット上では「どんどん素の姿が出てくるな」「このギャップもかわいいね」といった声が聞かれた。

 それから番組では、薄の私生活は「破天荒」ではなく、「乙女キャラ」である点が暴かれていく。母親が娘にふさわしい彼氏・夫として挙げたのは、俳優の堺雅人であった。薄は恋愛では年上好みであり、「一番最近の彼氏は44歳」だという。母親は歴代彼氏を把握しており、淳から「やさぐれている女の人がママに恋愛相談する?」とツッコまれると、薄はタジタジだった。

 このほか、「クリスマスに料理とケーキを作るも、彼氏が飲む人間でそのまま寝てしまい、ケーキは食べられずに流しの中に浮いていた」話を、半べそ状態で泣きながら母親に報告してきたこともあったという。これにも、ネット上では「というか薄めっちゃ乙女だな」「実はチャラくないEXITと一緒じゃん」といった声が聞かれた。

 芸人のキャラにおいて、「実はそうじゃない」といった崩壊系エピソードは鉄板の一つである。薄も今後は「実は乙女」キャラが注目されていくかもしれない。