もっと甘えてよ♡男がたまらなく可愛いと感じる「最強の甘え方」

写真拡大

今回は、男性が心底可愛いと感じる最強の甘え方に密着!彼らを骨抜きにできる甘え方とは、一体どんな方法があるのでしょうか。気になる彼をドキドキさせたい人は、下記の項目をぜひ参考にしてみてくださいね。

(1)上目遣い

『上目遣いで見つめられるとドキドキする』(27歳/商社)上目遣いが好きな男性は、とても多いです。「されるとドキッとする」「もっと見たくなる」なんて声が多く、まさに最強の甘え方といっても過言ではありません。ただしあからさまな上目遣いはわざとらしが引き立ってしまうので、あくまで自然体を意識することが大切ですよ!

(2)小さなお願いごと

『お願いされると頼られている感じがして嬉しくなる』(28歳/営業)男性は、女性から小さなお願い事をされるととても喜びます。「頼られている感じがする」「期待に応えたくなる」といった意見が多く、2人の距離を縮めるきっかけ作りにも一役買ってくれる模様。お願い事を聞いてくれたときは、しっかり感謝の気持ちを伝えて彼の心を鷲掴みにしちゃいましょう。

(3)謙虚に甘える

『ちょっと謙虚に甘えてくる姿が可愛くてたまらない』(27歳/人事)謙虚に甘える姿も、男性から大好評でした。「不慣れな感じがたまらない」「純粋な感じがしていい」という意見が多数!とくに彼の体をツンツンしたり「手を繋ぎたいな」と控えめに甘えたりといった言動が人気を博していたので、おさえておきましょう。

(4)だだっこ

『だだをこねる姿が子どもみたいで可愛い』(26歳/飲食)「女性はちょっぴりわがままな方が可愛い」と感じる男性は、非常に多いです。そのため思い切ってだだをこねてみるのも1つの手!だだをこねる内容は、「もっと一緒にいたい」「まだ帰りたくない」というような可愛らしい内容だとGoodです。ただしワガママな女性を嫌う男性も少なくないため、彼が困惑した表情を見せたらすぐにやめましょうね。男性が喜ぶ甘え方は、女性からすると少しあざといものが目立ちます。しかし男性にはちょっぴりあざとさが残る分かりやすい甘え方がベスト!ストレートな甘え方でないと、こちらの気持ちが伝わらずにスルーされてしまうこともあるので、注意しましょうね。(恋愛jp編集部)